捕手術(読み)とりてじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

捕手術
とりてじゅつ

敵をいけどりにする古武術の一つ。柔術源流ともいえる小具足,腰廻 (こしのまわり) ,組討 (くみうち) ,捕縄 (とりなわ) などの術として発達した。今日伝わる岡山の竹内流は,戦国時代天文1 (1532) 年に創始されたとされ,最も古く,捕手術の初めといわれる。江戸時代になると,室町時代警固の武器として工夫された袖搦 (そでがらみ) ,刺股 (さすまた) ,突棒 (つくぼう) などを用いた捕物に活用されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android