コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

被害者学 ひがいしゃがくVictimology; Viktimologie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

被害者学
ひがいしゃがく
Victimology; Viktimologie

犯罪が実行されるにあたっての被害者の役割および被害者の寄与を研究の対象とする学問分野。従来の犯罪学ではもっぱら加害者の側面から犯罪原因を究明しようとしてきたが,これに対し被害者学は,犯罪における被害者の重要な役割に注目し,犯罪にいたる過程における被害者側の有責性の度合い,犯罪を受けやすい被害者の特性などの研究を行なって独立した学問分野を形成するにいたった。近時においては,被害調査や犯罪認知の過程における被害者の役割,刑事手続における被害者の地位なども研究の対象とされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

被害者学【ひがいしゃがく】

被害者の側から犯罪現象を考察しようとする学問victimology。実証的犯罪学のひとつ。被害者の特性,被害者・加害者関係の分析,被害調査,被害届出行動の研究などを行う。
→関連項目性暴力犯罪心理学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

被害者学
ひがいしゃがく
victimology

人間的・社会的事象としての犯罪(加害・被害関係の一場面)における被害者に関する事実学。被害者の特性や被害を受けやすい状態・状況、犯罪行為(加害行為の一態様)にかかわる加害者と被害者との相互関係などを事実学的に解明することを通して、犯罪の予防および犯罪に対する善後措置の形成に資する。[須々木主一]

研究史

被害者の問題を体系的に把握するための研究が積極的に進められるようになったのは第二次世界大戦後のことである。それ以前にも、被害者に関する犯罪学的問題意識がなかったわけではないが、関心は犯罪(加害行為)・犯罪者に収斂(しゅうれん)し、被害者に関する研究は、個々の犯罪または罪種、たとえば殺人や傷害、性犯罪や窃盗・詐欺など、部分的・断片的なものにとどまっていた。ところが、1948年、ヘンティッヒH. v. Hentigがその著『犯罪者とその被害者』において、被害を受けやすいタイプという観点から犯罪の一要素として働く被害者を類型的に把握することを試み、54年、エレンベルガーH. Ellenbergerの論文「犯罪者とその被害者との心理学的関係」は被害原因なるものを尋ねて潜在的被害者の存在に説き及び、56年、メンデルソーンB. Mendelsohnが「被害者学」の標題を付した論文において被害性(被害者性)の観念を掲げて被害者の被害受容性について論じ、また被害者の挑発の有無、加害者の動機、加害者と被害者の人間関係などを基準にして犯罪における被害者の責任を五段階に分類して検討し、さらに、犯罪学と表裏の関係にあってしかもそれとは別個独立の学問領域をなす被害者学を構築すべき旨の主張を展開した。わが国では、1960年代の前半から中田修、宮沢浩一らによるメンデルソーンの所説の紹介と被害者学的研究の推進があり、その後、被害者学の名が広く知られるようになった。[須々木主一]

被害者の分類

被害者学は、ともすれば感傷的なものになりがちな被害者のイメージをより現実的なものにした。犯罪における被害者の責任(被害者の有罪性)の修正された五段階説によれば、(1)完全に責任のない被害者(嬰児殺(えいじさつ)や嬰児誘拐における嬰児、無差別爆破事件の巻き添えなど)、(2)責任の少ない被害者(犯罪場面に消極的に参加している。侮辱し心理的苦痛を与えて加害者の害意を誘発した被害者、危険を容易に察知して逃げられたはずであるにもかかわらず犯行地に赴いた強姦(ごうかん)の被害者など)、(3)加害者と同程度に責任のある被害者(自発的に犯罪場面に参加している。嘱託・承諾殺人における被殺者、喧嘩(けんか)口論で互いに挑発しあった結果の殺傷事件の被害者など)、(4)加害者よりも責任のある被害者(被害者の挑発が加害の主たる要因と認められる。相手方の家族を殺すなどと脅したために攻撃された殺傷事件の被害者など。メンデルソーンは無謀運転で自らが死傷した場合をこれに数える)、(5)もっとも責任のある被害者(不法な攻撃を加えたため正当防衛にあって殺傷されたものなど。メンデルソーンは被害妄想による想像的被害者などもこれに加える)というぐあいである。また、罪種別では、たとえば、詐欺罪の被害者には軽信型や知慮浅薄型のほかに強欲型があること、尊属殺人の場合は非難に値する態度はむしろ被害者に多いこと、また、窃盗罪にあたる万引では被害者である店舗の側に問題のある例が少なくないこと、少年事件における恐喝・傷害はしばしば「いかれた少年」たちの間で発生することなどが指摘される。[須々木主一]

意義

被害者学は生成途上の学問領域である。その現状が犯罪学の補助学的地位を離脱したといいうるかどうか、むしろ、犯罪学の一分野にとどめる見解も有力である。確かに、犯罪学の発展は著しく、犯罪を社会的相互作用の視野でとらえることの認識が深められているので、ここで、被害者による犯罪誘発のメカニズムや加害者と被害者の人間関係を研究することの重要性を強調したり、各罪種における被害者の特徴を指摘したり、その研究成果が犯罪対策に役だつことを力説したりするだけでは、被害者学の独自性が生かされることにはならない。形式上、犯罪とされる行為のすべてに被害者の存在が予定されているわけでもない(たとえば賄賂(わいろ)罪。行政犯にはその種のものが多い)。しかし、自然災害による被害、その被害者などのことばがあるところからも明らかなように、被害・被害者の観念は犯罪という枠組みを超えて現実的である。加害・加害者の観念にしても同様である。被害者学が加害・被害関係における人間の姿をたまたま犯罪というフィルターを通して眺めている現状にあるとしても、加害・被害の観念の現実的射程は広く、その意味すべきところは深い。自殺は同一人が加害者であり被害者であるとされ、また、同一人が状況のいかんにより加害者にも被害者にもなりうる例があるとされる。被害受容性、潜在的被害者の観念は重要である。被害原因論の充実が期待されている。[須々木主一]
『宮沢浩一著『被害者学』(紀伊國屋新書) ▽宮沢浩一編『犯罪と被害者 第1、2巻』(1970、72・成文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の被害者学の言及

【被害者】より

…ただし,親告罪に関しては,告訴が公訴提起の条件であるため,その限りの積極的機能を担う。刑事司法制度上のこのような役割のため,従前は犯罪被害者に光があてられることは少なかったが,戦後,犯罪発生に対する被害者の寄与が問題とされ,広義の犯罪原因論の一分野としての被害者学が成立し,現在では独立の分野として認知されるに至っている。この被害者学は,イスラエルの弁護士であるメンデルソーンBenjamin Mendelsohnや,アメリカ亡命中のドイツ人犯罪学者ヘンティヒHans von Hentigにより1950年前後に提唱されたもので,犯罪者の潜在的エネルギーが発現する誘因となるものとして被害者の態度をとらえ,その生物学的,心理学的,社会学的特性を一定の類型性において科学的に研究しようとするものである。…

※「被害者学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

被害者学の関連情報