コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

犯罪被害者保護法 ハンザイヒガイシャホゴホウ

2件 の用語解説(犯罪被害者保護法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はんざいひがいしゃほご‐ほう〔‐ハフ〕【犯罪被害者保護法】

《「犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に付随する措置に関する法律」の通称》刑事裁判の手続きにおいて、犯罪の被害を被った人やその家族の心情を尊重し、またその被害の回復に資する措置を定めるなど、被害者などの権利利益の保護を図ることを目的とする法律。平成12年(2000)に成立し、刑事訴訟法検察審査会法も併せて改正された。→犯罪被害者保護制度

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

犯罪被害者保護法【はんざいひがいしゃほごほう】

犯罪被害者の刑事手続における負担の軽減を主目的とする法律(2000年制定)。同様の目的で刑事訴訟法検察審査会法も同時に改正された。被害者の公判傍聴に対する配慮,刑事裁判終了前の公判記録の閲覧・謄写などを規定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

犯罪被害者保護法の関連情報