コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判の迅速化に関する法律 さいばんのじんそくかにかんするほうりつ

1件 の用語解説(裁判の迅速化に関する法律の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裁判の迅速化に関する法律
さいばんのじんそくかにかんするほうりつ

平成15年法律107号。略称裁判迅速化法。平成の司法制度改革において中心的な位置を占める法律。民事裁判刑事裁判ともに,第一審の訴訟手続を 2年以内のできるだけ短い期間内に終局させることを目標として,充実した手続きの実施とこれを支える制度・体制の整備をはかることによって,裁判を迅速に行なうことを目指す(2条1号)。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

裁判の迅速化に関する法律の関連キーワード裁判員法裁判迅速化法法律家資産流動化法租税特別措置透明化法マンション管理適正化法再編強化法特定農山村地域司法制度改革中村治朗