コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裁判至要抄 さいばんしようしょう

世界大百科事典 第2版の解説

さいばんしようしょう【裁判至要抄】

鎌倉初期の勅撰法律書。坂上明基著。1207年(承元1)成立。全33条。《法曹(ほつそう)至要抄》のうち,土地所有権,相続,売買貸借法等,民事的規定に修正を加え,新たな法意をうち出したもの。各条項の構成は,前文で律令格式等の法源を挙示し,本文(案文)で法意・判断を示す2部構成となっている。同書は,《法曹至要抄》を継承しながらその法意をさらに社会的現実に照応させ,鎌倉幕府法(とくに《御成敗式目》)の形成にも影響を及ぼした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

裁判至要抄
さいばんしようしょう

1207年(承元1)成立の公家(くげ)の法書。編者は明法博士(みょうぼうはかせ)坂上明基(さかがみのあきもと)。おもに売買貸借および親族・相続法の分野の条項を中心とし、各条項ごとに、律令(りつりょう)および格(きゃく)を引用したのち、編者の按文(あんぶん)(意見)を記している。従来は、平安末から鎌倉初期にかけての明法家の律令解釈の恣意(しい)性と律令の変質状態を示すものとされてきたが、按文のなかに示された社会の現実に即した解釈を、むしろ律令法を超える新しい法理の創出として積極的に評価する学説も存在する。『群書類従律令部』所収。[古澤直人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

裁判至要抄の関連キーワード公家法

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android