コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

料紙装飾 りょうしそうしょく

世界大百科事典 第2版の解説

りょうしそうしょく【料紙装飾】

紙を書きやすく,また長く保存するための工夫は,古くから行われてきた。たとえば紙をたたいて平滑にする打紙(うちがみ)や,玉や牙で磨く瑩(けい)紙,防虫のため黄蘗(キハダ)で茶色に染める努力などである。これらからしだいに,文様を彫った版木に紙をのせ,玉や牙で磨いて光沢のある線で文様を表した蠟箋(ろうせん)あるいは蘇芳(すおう),苅安(かりやす),藍(あい)など各種各様の植物染による色紙などの装飾技法が生み出されてきた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の料紙装飾の言及

【俵屋宗達】より

…これと同工の金銀泥絵の優品に数種の光悦筆和歌巻がある。蓮,鹿,竹,梅,蔦,鶴,四季草花などを下絵とする諸作で,金銀泥を華やかな広い面として使うことにより,意匠的かつ絵画的な新しい料紙装飾の創出に成功した。金銀泥絵と近い関係にある水墨画においても,《蓮池水禽図》(京都国立博物館),《蘆雁図衝立》(醍醐寺),《雲竜図屛風》(フリア美術館),《牛図》双幅(頂妙寺)などの傑作をのこした。…

※「料紙装飾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

料紙装飾の関連キーワード金銀泥下絵和歌巻継ぎ紙・継紙秋草模様俵屋宗達平家納経木版画雲母刷絵屋

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

料紙装飾の関連情報