コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証する ショウスル

デジタル大辞泉の解説

しょう・する【証する】

[動サ変][文]しょう・す[サ変]《「しょうずる」とも》
証拠立ててはっきりさせる。証明する。「無実を―・するに足る事実」
確かであると請け合う。保証する。「生命の安全は―・しがたい」
仏の教えにより真理を体得する。悟りをひらく。
「肉身に三昧を―・じて、慈氏の下生を待つ」〈平家・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうする【証する】

( 動サ変 ) [文] サ変 しよう・す
〔「しょうずる」とも〕
事柄が事実である、真実であると、よりどころをあげて示す。証明する。 「地球の円いことを-・する」
請け合う。保証する。 「本学の学生であることを-・する」
明らかに知って疑いがない。悟る。 「一切の種智を-・じ/沙石 2
〘仏〙 修行によって悟りを得るなどの成果を明らかにする。真理をはっきりと実現する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

証するの関連キーワードフィロン[アレクサンドリアの]ディオグネトスへの手紙登記原因証明情報修験修要秘決集アシュアリー派社会保険料控除タティアノスアールワールパノフスキーハラール認証割り印・割印登記済み証保険契約証間接事実辻村太郎保険証券指名債権確認判決郵便切手青砥藤綱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

証するの関連情報