コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内裏図 だいだいりず

百科事典マイペディアの解説

大内裏図【だいだいりず】

平安宮に所在した内裏をはじめとする諸施設を記した図。弘仁年間(810年−824年)以降の状況を描くとされる。度重なる火災に備えた記録で,京図・朝堂(ちょうどう)院図・内裏図などが一組になって九条家陽明文庫などに伝わる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいだいりず【大内裏図】

平安宮のあらましを記した図面,京図,朝堂院図,内裏図などが一組になって九条家,二条家,陽明文庫などに伝わっており,大内裏図と称される。《拾芥抄》にも収められている。これらの絵図には精粗があって,陽明文庫,九条家のものが詳細である。4図とともに,〈内裏焼亡年々〉という平安宮の火災を記録した文書もついている。これらがセットとして伝えられるようになったのは,平安時代末期と考えられている。大内裏図は,平安宮内での内裏,朝堂院,豊楽院,各官司等の位置を詳しく記しているが,その内容は弘仁年間(810‐824)以後の平安宮の姿を伝えている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大内裏図の関連キーワード大内裏図考証裏松固禅狩野光信裏松光世内藤広前京都御所故実叢書昭陽舎貞観殿淑景舎藤貞幹飛香舎朝所

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android