コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内裏図 だいだいりず

2件 の用語解説(大内裏図の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大内裏図【だいだいりず】

平安宮に所在した内裏をはじめとする諸施設を記した図。弘仁年間(810年−824年)以降の状況を描くとされる。度重なる火災に備えた記録で,京図・朝堂(ちょうどう)院図・内裏図などが一組になって九条家陽明文庫などに伝わる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいだいりず【大内裏図】

平安宮のあらましを記した図面,京図,朝堂院図,内裏図などが一組になって九条家,二条家,陽明文庫などに伝わっており,大内裏図と称される。《拾芥抄》にも収められている。これらの絵図には精粗があって,陽明文庫,九条家のものが詳細である。4図とともに,〈内裏焼亡年々〉という平安宮の火災を記録した文書もついている。これらがセットとして伝えられるようになったのは,平安時代末期と考えられている。大内裏図は,平安宮内での内裏,朝堂院,豊楽院,各官司等の位置を詳しく記しているが,その内容は弘仁年間(810‐824)以後の平安宮の姿を伝えている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone