コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表組 オモテグミ

デジタル大辞泉の解説

おもて‐ぐみ【表組】

近世の邦楽で、教習の便宜上、楽曲を分類したものの一。三味線組歌・箏(こと)組歌などにあり、いずれもいちばん初歩の組となっている。三味線組歌では本手組と同じ。⇔裏組

ひょう‐ぐみ〔ヘウ‐〕【表組(み)】

印刷の組版などで、表の形式で文字を組むこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おもてぐみ【表組】

邦楽の分類用語。箏,三味線の組歌の伝承教習上の分類に用い,規範的・類型的な旋律形態のものが表組に分類されている。箏組歌では八橋検校の《菜蕗(ふき)》《梅枝(うめがえ)》など6曲あるいは7曲と後の新曲のいくつかがこれに属し,三味線組歌では石村検校の本手組7曲(《琉球組》《鳥組》など)を表組ともいう。胡弓本曲でもこの分類用語を用いる。裏組【三谷 陽子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おもてぐみ【表組】

近世邦楽で、自流の曲目を教習上二段階に分類した場合の、最初の段階の曲目。特に、三味線組歌・箏組歌についていう。 ↔ 裏組

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

表組の関連キーワードワードプロセッサータブ (文字)絃曲大榛抄身分制議会労使協議制三味線本手真田 しん柴田 桂太経営参加虎沢検校柳川検校藤植流地歌印刷創傷砧物六段古曲破手風通