(読み)えい

精選版 日本国語大辞典「裔」の解説

えい【裔】

〘名〙
① 着物のすそ。もすそ。
※易林本節用集(1597)「裔 モスソ ヱイ」 〔説文〕
② 血筋の末。子孫。後裔。
※史記抄(1477)三「孔子も微子啓が裔ぞ」
③ 木の枝などの先端。末端。
※易林本節用集(1597)「裔 ハツヱ エイ 古今には栴(ハチス)の裔と読めり」

はつ‐こ【裔】

〘名〙 血すじの末。子孫。末裔(ばつえい・まつえい)。後裔。末孫。
※古語拾遺(嘉祿本訓)(807)「故に其の(ハツコ)、今紀伊国名草郡・御木麁香(あらか)の二の郷に在り」

こはな【裔】

〘名〙 血統。後裔(こうえい)。子孫。
※書紀(720)允恭四年九月(図書寮本訓)「或いは帝皇之裔(コハナ)、或いは異(あや)しくして天降(あまくた)れり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android