コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西の内 にしのうち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西の内
にしのうち

茨城県,栃木県で産する和紙の一種で,コウゾ (楮) 繊維を原料とする厚紙。ほとんど白色。ちりがなく,なめらかな紙肌で美しい。この名は江戸時代の初期,常陸国西野内 (茨城県常陸大宮市) で初めて漉き出されたことによるという。おもに帳簿,保存書類,雨障子紙,絵図紙用,傘用などに用いられ,明治以降は法定の選挙投票用紙に指定され,安定した需要に恵まれたが,昭和期に入って衰退した。栃木県産の「西の内百入」は,色,大きさとも西の内と同じであるが,西の内より厚手で紙面も粗い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にし‐の‐うち【西の内】

西の内紙」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にしのうち【西の内】

「西の内紙」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西の内
にしのうち

西の内紙の略称で、常陸(ひたち)国(茨城県)の常陸大宮(ひたちおおみや)市西野内(にしのうち)を原産とする和紙の一種。1648年(慶安1)に藩主の水戸光圀(みつくに)が、この地でコウゾ(楮)を原料とする紙を漉(す)く細貝八郎右衛門知治に対し、この紙名を与えて奨励したもので、1689年(元禄2)に専売制となった。さらに正徳(しょうとく)年間(1711~16)には細貝清蔵が抄紙場を拡張し、同質の紙を漉く者が付近にも増えて江戸へ売りに出された。初めは傘紙などに用いられたが、『大日本史』の用紙や検地帳などの重要文書の用紙ともなり、1901年(明治34)から1926年(大正15)までは選挙の投票用紙や印鑑証明用紙に指定されて、全国的に有名になった。甲斐(かい)国(山梨県)や下野(しもつけ)国(栃木県)でも同質の紙が漉かれるようになり、甲斐産のものは甲州西(こうしゅうにし)といわれた。1977年(昭和52)に国の選択無形文化財に指定され、現在は数軒で伝統を守り、その保存に努めている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

西の内の関連キーワード金剛山(朝鮮民主主義人民共和国)ニュー・サウス・ウェールズ常陸大宮市歴史民俗資料館紙のさと和紙資料館常陸大宮(市)宇ノ気[町]菊池 五介こうぞ紙鳥の子紙猪鼻湖花烏賊千代紙伊豆沼程村紙シイ程村河曲油紙楮紙高森

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西の内の関連情報