西ノ島町(読み)にしノしま

  • 西ノ島〔町〕

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島根県隠岐諸島,島前西ノ島を町域とする町。 1957年浦郷町と黒木村が合体して発足大部分は放牧地で沿岸漁業を主とし養殖漁業も行われる。焼火 (たくひ) 山南の海岸にある文覚窟,焼火神社,後醍醐天皇行在所のあった黒木御所跡星神島のオオミズナギドリ繁殖地,別府湾岸のクロキヅタ産地 (ともに天然記念物) ,隠岐国賀海岸 (名勝・天然記念物) などがあり,大山隠岐国立公園に属する。隠岐の田楽と庭の舞は重要無形民俗文化財。中心集落の浦郷と東の別府間に国道 485号線が通じる。また七類,境港 (鳥取県) から定期船の便があり,浦郷港と別府港はその寄航地。面積 55.96km2。人口 3027(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

西ノ島町の関連情報