コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西吉野[村] にしよしの

世界大百科事典 第2版の解説

にしよしの【西吉野[村]】

奈良県中西部,吉野郡の村。人口4266(1995)。紀伊山地北端,吉野川支流の丹生川上流域にあたり,村域は1000m級の山々からなる南部と300~400mの丘陵からなる北部とに二分される。北部の緩斜面での果樹栽培が盛んで,特に富有柿は有名。林業地帯は南部の山地に広がり,近年はみがき丸太などの生産が盛んである。村内に吉野第1発電所があり,賀名生あのう)は南北朝期には南朝方の拠点であり,梅の名所としても名高い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の西吉野[村]の言及

【賀名生】より

…現在は奈良県吉野郡西吉野村。丹生川沿いの谷。…

※「西吉野[村]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

西吉野[村]の関連キーワード佐賀関[町]赤るえらえらに思ほしめす豊の明かり松が根のコビハタンペレ省力産業立山町の要覧

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android