コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀ノ川 きノかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紀ノ川
きノかわ

和歌山県北部を西流する川。上流は奈良県大台ヶ原山に源を発する吉野川で,和歌山県に入って紀ノ川となり,和歌山市で紀伊水道に注ぐ。河川法では吉野川を含めて全体を紀ノ川とする。全長 136km。上流は渓谷をなし,中流からは中央構造線に沿い,北岸に更新世洪積世)の河岸段丘の発達が著しい。下流には県下第1の和歌山平野を形成。その流域に沿って JR和歌山線と国道24号線が東西に走っている。河口付近では流路変遷の跡が見られ,かつては和歌川を本流としたこともあったが,現河口は元弘年間(1331~33)の津波によって生じたものといわれる。上流域の吉野地方は森林地帯で,かつては筏による木材流送が行なわれ,河口の和歌山に木材工業が発達。中・下流域ではミカン,カキの栽培が行なわれる。河水は奈良盆地への分水をはじめ農業用水,和歌山市での上水道,工業用水などに利用される。中流域にある妹背山とともに『万葉集』にも詠まれ,古くから文学の舞台となっている。観光的にも恵まれ,分水嶺高野山,谷底に粉河寺根来寺,河口近くに和歌山城跡などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

き‐の‐かわ〔‐かは〕【紀ノ川】

奈良県の大台ヶ原山に源を発し、和歌山県北部を西流して紀淡海峡に注ぐ川。長さ136キロ。上流の奈良県内は吉野川とよぶ。
有吉佐和子長編小説昭和34年(1959)発表。紀州和歌山を舞台に、3世代にわたる女性の生き方を描く。昭和41年(1966)、中村登監督により映画化。出演、司葉子岩下志麻ほか。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

紀ノ川【きのかわ】

大台ヶ原山に発し,紀伊山脈の北縁の中央構造線に沿って西流,紀伊水道に注ぐ川。長さ136km,流域面積1750km2。奈良県では吉野川と呼ぶ。《万葉集》に詠まれ,江戸時代には橋本町などの船継場が発展した。
→関連項目荒川荘岩出[町]相賀荘かつらぎ[町]葛城山(大阪・和歌山)紀伊山地紀伊半島高野街道高野口[町]粉河[町]雑賀那賀[町]名手荘湯浅党和歌山[県]和歌山[市]和歌山平野和佐荘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

紀ノ川

1966年公開の日本映画。監督:中村登、原作:有吉佐和子、脚色:久板栄二郎。出演:司葉子、岩下志麻、有川由紀、東山千栄子田村高廣丹波哲郎、野々村潔ほか。第21回毎日映画コンクール女優主演賞(司葉子)ほか受賞。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きのかわ【紀ノ川】

奈良県の大台ヶ原山に源を発し,奈良県の南部と和歌山県の北部を西流して,和歌山市で紀伊水道に注ぐ川。幹川流路延長136km,全流域面積1660km2。西南日本を地質的に外帯内帯に分ける中央構造線に沿って廊下状の狭い谷を流れる。上流の奈良県内では吉野川と呼ばれ,和歌山県に入って橋本市より下流が紀ノ川と呼ばれる。水源にあたる大台ヶ原山(1695m)一帯は日本有数の多雨地帯で,樹林の生長がよく,吉野川流域は林業が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

きのかわ【紀ノ川】

和歌山県北部を西流して横切り、紀淡海峡に注ぐ川。上流は奈良県大台ヶ原山に源を発する吉野川。高野山への物資の輸送や吉野材の運搬など水運に利用された。長さ136キロメートル。
〔市名は「紀の川」と表記〕 和歌山県北部、紀川中流域にある市。山間地や丘陵地ではミカン・桃などの果樹栽培が盛ん。西国三十三箇所観音霊場第三番札所、粉河寺がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔奈良県(和歌山県)〕紀ノ川(きのかわ)


奈良県中部から和歌山県北部を流れる川。河川法では「紀の川」と表記する。1級河川(紀の川水系)。延長136km。流域面積1750km2。上流の奈良県側は吉野(よしの)川とも。紀伊(きい)山地東部の大台ヶ原(おおだいがはら)山(標高1695m)北麓(ほくろく)に源を発した吉野川が北流、ついで西流して和歌山県に入り、紀ノ川とよばれる。中央構造線に沿って和歌山平野を貫流し、紀伊水道に注ぐ。古くから吉野材の筏(いかだ)流しや舟運が盛んで、奈良県吉野地方と和歌山県北部を結んだ。近世には船戸(ふなと)・橋本(はしもと)・五條(ごじょう)・麻生津(おおづ)などの河港や渡し場の集落が繁栄。奈良県五條市から和歌山県紀の川市粉河(こかわ)までの中流域には河岸段丘が発達し、ミカン・カキなどの果樹栽培が盛ん。河口両岸の埋め立て地は和歌山下津(しもつ)港の臨海工業地帯で、鉄鋼・化学・木材工場が立地。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀ノ川
きのかわ

和歌山県北部、和泉(いずみ)山脈南麓(なんろく)の中央構造線に沿って、ほぼ直線状に西流して和歌山市で紀伊水道に入る川。紀伊国第一の川なので紀ノ川という。一級河川。上流は奈良県の大台ヶ原山(1695メートル)に発する吉野川で、和歌山県に入ってから紀ノ川とよぶが、河川法では全体を紀ノ川とする。延長136キロメートル(和歌山県内55キロメートル)、流域面積1750平方キロメートル。なお猿谷(さるたに)ダムによる十津川(とつかわ)上流の流域変更分を加えれば2113平方キロメートルとなる。流域の大部分は山地であるが、河口の和歌山平野は県内最大で、県内の流域人口は県人口の55%に及ぶ。上流吉野川は峡谷の様相を示すが、中流粉河(こかわ)までの北岸には洪積段丘が、下流には複合扇状地がみられ、河口三角州の発達は顕著ではないが、流路変遷を思わせる和歌川、土入(どにゅう)川、水軒(すいけん)川などの旧河道が浜堤の内側に残る。流量変化が著しく、大迫(おおさこ)、大滝(おおたき)のダムが上流につくられている。吉野材の流送、高野山(こうやさん)への貢米輸送、橋本塩市への三葛(みかづら)塩の運送など水運の歴史は古く、河口の男之水門(雄湊)(おのみなと)や鎌垣(かまがき)船の記録もあり、近世には川上船が往来して船戸、粉河、麻生津(おおづ)、九度山(くどやま)、橋本、五條(ごじょう)などの河港や城下町若山湊(みなと)が発展した。明治まで架橋が許されなかったため、高野、熊野、上方(かみがた)の各街道の渡津もにぎわった。水運は和歌山線の開通とともに衰え、河港は鉄道駅の在町に変わった。水運だけでなく農業用水の利用も多い。江戸初期の篤農大畑才蔵(『地方(じかた)の聞書(ききがき)』の著者)による藤崎(ふじさき)、小田(おだ)の井堰(いせき)築造など多くの井堰によって流域の開田が進んだ。現在では奈良盆地へも分水している。上水や工業用水の利用も広がっている。[小池洋一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

紀ノ川の関連キーワード葛城山(大阪・和歌山)和歌山県紀の川市粉河吉野川(奈良)かつらぎ[町]貴志川〈町〉和歌山[市]高野口[町]【かせ】田荘貴志川[町]紀の川[市]高野口〈町〉奈良県五條市和歌山下津港五條[市]岩出〈町〉打田[町]那賀〈町〉粉河[町]粉河〈町〉美里[町]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紀ノ川の関連情報