コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幕末遣外使節 ばくまつけんがいしせつ

百科事典マイペディアの解説

幕末遣外使節【ばくまつけんがいしせつ】

江戸幕府が外交交渉などのため開港以降に外国へ派遣した使節の総称。1860年に日米修好通商条約本書批准交換のため外国奉行新見正興を正使として,遣米使を派遣。副使は同じく外国奉行村垣範正,監察は目付小栗忠順(ただまさ),随員のほか諸藩士など全体で80名余。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばくまつけんがいしせつ【幕末遣外使節】

江戸幕府が開港以降に,外交交渉のために外国へ派遣した使節。(1)1860年(万延1),日米修好通商条約本書の批准交換のためアメリカへ派遣。正使は外国奉行新見正興,副使は同村垣範正,監察は目付小栗忠順(ただまさ)で,随員のほか佐賀,仙台,長州,土佐,熊本の諸藩士など全体で80名余。一行は60年2月9日(安政7年1月18日),米艦ポーハタン号で品川を発し,ホノルルサンフランシスコを経てパナマに至り,汽車で地峡を横断,再び乗船してワシントンに到着した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幕末遣外使節
ばくまつけんがいしせつ

幕末開国当時から明治維新直前までに江戸幕府が海外に派遣した使節の総称。1613年(慶長18)に伊達政宗(だてまさむね)が家臣支倉六右衛門常長(はせくらろくえもんつねなが)を正使としてメキシコ、スペイン、ローマに派遣して以来、日本は鎖国政策により、開国まで海外に使節を派遣することはなかったが、開国により江戸幕府は外交交渉のためその倒壊までの10年足らずの期間に前後6回の使節派遣を行った。これらの遣使は、その本来の目的と同時に、西欧文化の受容の面でも見過ごせない役割を果たしている。
 年次を追って列記すると、(1)1860年(万延1)の万延(まんえん)遣米使節。日米修好通商条約批准書交換のため、外国奉行(ぶぎょう)新見豊前守(しんみぶぜんのかみ)正興(まさおき)を正使とする一行。この遣使には勝麟太郎(かつりんたろう)(海舟)を艦長とする咸臨(かんりん)丸が往路随行した。(2)1862~63年(文久2~3)の遣欧使節。勘定(かんじょう)奉行竹内下野守(しもつけのかみ)保徳(やすのり)使節一行が、江戸・大坂両市の開市と兵庫・新潟二港の開港延期交渉のため、フランス、イギリス、オランダ、プロイセン、ロシア、ポルトガル六か国を歴訪して談判した。(3)1863~64年(文久3~元治1)の遣仏使節。外国奉行池田筑後守(ちくごのかみ)長発(ながのぶ)一行が横浜鎖港談判のためフランスに赴き、さらに欧米各国に赴くつもりのところ、その任を果たさず帰国。(4)1865~66年(慶応1~2)、外国奉行柴田日向守(しばたひゅうがのかみ)剛中(たけなか)を特命理事官として、イギリス、フランス両国に、横須賀(よこすか)製鉄所技師雇い入れ、用具購入のため赴いたもの。(5)1867~68年(慶応3~明治1)、徳川民部大輔昭武(みんぶたいふあきたけ)(慶喜(よしのぶ)弟、のち水戸藩主)一行が万国博覧会に日本代表として参加のためパリに赴き、条約国を歴訪して帰国。このほか、1867年、勘定吟味役(ぎんみやく)小野友五郎(ともごろう)一行が軍艦購入交渉のためアメリカに赴いたことを加えると、6回になる。[加藤榮一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

幕末遣外使節の関連キーワード万延元年遣米使節開国(日本史)万国博覧会渋沢栄一福沢諭吉西洋事情遣米使節遣欧使節寺島宗則咸臨丸勝海舟

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android