コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西洋紀聞 せいようきぶん

6件 の用語解説(西洋紀聞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西洋紀聞
せいようきぶん

新井白石著。上中下3巻。宝永5 (1708) 年屋久島に潜入してきたイタリア宣教師 G.シドッチキリシタン牢屋敷で4回にわたり訊問した結果を記したもので,上巻は将軍のシドッチ訊問の命令についてのいきさつと取調べの状況を記し,中巻は五大州の総論,海外諸国の政治,風俗,地理,歴史などの説明,下巻はシドッチ来国の詳しい説明から,デウスキリストローマ教会,教皇庁の職制などの解説と,終りに白石自身の天主教批判を載せている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

せいようきぶん〔セイヤウキブン〕【西洋紀聞】

江戸中期の外国地誌。3巻。新井白石著。正徳5年(1715)ころ成立。屋久島に潜入したイタリア人宣教師シドッチを尋問したときの記録をまとめたもの。西洋諸国の歴史・地理・風俗とキリスト教の大意などを記述。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

西洋紀聞【せいようきぶん】

新井白石の欧米事情取調書。3巻。1709年イタリアの宣教師シドッチを尋問し,その結果をまとめたもの。1715年以前に成立した。尋問の詳細,海外諸国の地理・歴史,問答中の雑話,天主教(キリスト教)の大意とその批判を含む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

せいようきぶん【西洋紀聞】

新井白石著。3巻。1708年(宝永5)日本にキリスト教を復活させようと屋久島に潜入して捕らえられたイタリア人宣教師シドッチを,白石が幕命により翌年江戸小石川切支丹屋敷において訊問し,聴取した内容にオランダ人への質疑を加えてまとめた記述。上巻はシドッチの潜入,取調べの様子から獄死に至る経過,中巻は五大州諸国の事情・地理など,下巻は渡来の目的とキリスト教についてのシドッチの解説と白石の解釈・批判を記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

せいようきぶん【西洋紀聞】

新井白石の欧米事情取調書。三巻。屋久島に渡来したイタリア人宣教師シドッチを尋問した際の記録をもとにまとめたもの。上巻は宣教師との対話編、中巻は五大州誌、下巻は天主教の大意を記す。1715年頃成立。1882年(明治15)刊。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西洋紀聞
せいようきぶん

新井白石(あらいはくせき)の著書。1708年(宝永5)に屋久島(鹿児島県)に潜入したローマの使節、イタリア人宣教師ジョバンニ・バッティスタ・シドッチを取り調べた際、聴取したヨーロッパをはじめ海外事情とキリスト教関係事項とを書き記したもの。世界地理の記述では『采覧異言(さいらんいげん)』のほうが詳しく体系化もされているが、国文で平易に書き、キリスト教教義をも詳細に書いている(3巻のうちの下巻)点が本書の特色。もちろん儒教道徳と合理主義の立場から、キリスト教には厳しい批判を加えている。また同じ事項を、江戸にやってきたオランダ商館長らに尋ねたことから、偏見を免れたところも少なくない。スペイン継承戦争(1701~14)や北方戦争(1700~21)の記事などでも、オランダ人から聞いて不足を補っている。『采覧異言』と同じく最晩年まで増訂の筆が加えられたことが、みごとな筆跡をもつ現存自筆本によって知られる。本書は新井家に極秘のうちに伝えられたため知る人も少なく、1793年(寛政5)幕府の命令で献上されてから、やっと知識人の間でわりあい知られるようになった。キリシタン批判書であり「和魂洋才(わこんようさい)」的考え方(器械など物質面では西洋が優れ、道徳など精神面では東洋、日本が優れているとする)をしている点で、鎖国制下における本書の思想史的役割は大きく、明治以前すでにアメリカ人宣教師によって英訳もされた。自筆本は国立公文書館蔵。『新井白石全集 第4巻』、『新訂西洋紀聞』(平凡社・東洋文庫)、『日本思想大系 35 新井白石』、岩波文庫などに所収。[宮崎道生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の西洋紀聞の言及

【シドッチ】より

…屋久島に単身上陸したが直ちに捕らえられ,長崎を経て江戸へ送られ,小石川切支丹屋敷に幽閉され5年後に没した。その間,新井白石はシドッチを尋問し,彼から得た世界情勢,天文,地理などの情報をもとに《西洋紀聞》《采覧異言(さいらんいげん)》などを執筆した。これらは鎖国下の世界知識の源となり,洋学の基となった。…

※「西洋紀聞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西洋紀聞の関連キーワード蝦夷志采覧異言藩翰譜同文通考本朝軍器考新井白石(1657〜1725)新井君美新井宣卿真部子明奥羽海運記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西洋紀聞の関連情報