コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西頸城丘陵 にしくびききゅうりょう

2件 の用語解説(西頸城丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西頸城丘陵
にしくびききゅうりょう

新潟県南西部,高田平野と,糸魚川市を流れる姫川との間にある丘陵。南部は妙高火山群を含む筑摩山地に続く。新第三紀中新世砂岩頁岩の互層が多く,安山岩玄武岩の貫入もみられる。全体として日本海側に緩斜面をもつ傾動地塊

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西頸城丘陵
にしくびききゅうりょう

新潟県西端、糸魚川(いといがわ)市の東半を占める第三紀の丘陵山地。日本列島の継ぎ目をなす糸魚川‐静岡構造線の谷を流れる姫川以東の旧西頸城郡地区は、県境の妙高火山群を最高点として北北西に緩く傾斜していく傾動地塊山地で、第三紀中新世の頸城統に属する頁岩(けつがん)と砂岩の互層から形成され、県下一の崩壊性地すべりの多発地として知られる。傾斜面を侵食する名立(なだち)、能生(のう)、早川、海川などの河谷平地が主要生活舞台となり、これらは西頸七谷(せいけいななたに)とよばれ、養豚、肥育牛が盛んである。谷口の浜通りは旧北陸街道の通り道で、海沿いを国道8号が通じ、北陸自動車道、えちごトキめき鉄道(旧JR北陸本線)がトンネルで通過している。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

西頸城丘陵の関連キーワード新潟県糸魚川市歌新潟県糸魚川市桂新潟県糸魚川市崩新潟県糸魚川市越新潟県糸魚川市小滝新潟県糸魚川市下出新潟県糸魚川市平新潟県糸魚川市根小屋新潟県糸魚川市能生新潟県糸魚川市槙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone