コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西頸城丘陵 にしくびききゅうりょう

2件 の用語解説(西頸城丘陵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西頸城丘陵
にしくびききゅうりょう

新潟県南西部,高田平野と,糸魚川市を流れる姫川との間にある丘陵。南部は妙高火山群を含む筑摩山地に続く。新第三紀中新世砂岩頁岩の互層が多く,安山岩玄武岩の貫入もみられる。全体として日本海側に緩斜面をもつ傾動地塊

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

西頸城丘陵
にしくびききゅうりょう

新潟県西端、糸魚川(いといがわ)市の東半を占める第三紀の丘陵山地。日本列島の継ぎ目をなす糸魚川‐静岡構造線の谷を流れる姫川以東の旧西頸城郡地区は、県境の妙高火山群を最高点として北北西に緩く傾斜していく傾動地塊山地で、第三紀中新世の頸城統に属する頁岩(けつがん)と砂岩の互層から形成され、県下一の崩壊性地すべりの多発地として知られる。傾斜面を侵食する名立(なだち)、能生(のう)、早川、海川などの河谷平地が主要生活舞台となり、これらは西頸七谷(せいけいななたに)とよばれ、養豚、肥育牛が盛んである。谷口の浜通りは旧北陸街道の通り道で、海沿いを国道8号が通じ、北陸自動車道、えちごトキめき鉄道(旧JR北陸本線)がトンネルで通過している。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone