コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名立 なだち

2件 の用語解説(名立の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名立
なだち

新潟県南西部,上越市西部の旧町域。西頸城丘陵を北流する名立川流域に広がり,北で日本海に面する。 1955年名立町 (1889町制) と名立村が合体して名立町が成立。 2005年上越市に編入。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名立
なだち

新潟県南西端、西頸城(にしくびき)郡にあった旧町名(名立町(まち))。現在は、上越(じょうえつ)市の西部を占める一地区。1889年(明治22)町制施行。1955年(昭和30)名立村と合併。2005年(平成17)安塚(やすづか)町、柿崎(かきざき)町、大潟(おおがた)町、吉川(よしかわ)町、板倉(いたくら)町、浦川原(うらがわら)村、大島(おおしま)村、牧(まき)村、頸城(くびき)村、中郷(なかごう)村、清里(きよさと)村、三和(さんわ)村とともに上越市に編入。旧町域は、日本海に望み、名立川に沿って南北に長くのびる。海際をえちごトキめき鉄道(旧、JR北陸本線)、国道8号が通り、名立川沿いに県道が走る。近世、北陸街道に沿う宿場町として発達。中心の大町(おおまち)あたりにはいまも古い旅館街が残る。産業は半農半漁。小泊(こどまり)は漁村で、西浜(にしばま)漁業のタイ、エビ、カニなどの沿岸漁業が盛ん。名立川ではサケの放流も行われる。夏場は海水浴客でにぎわう。えちごトキめき鉄道名立駅裏の切り立った断崖(だんがい)は「名立崩れ」跡(1751年の大地震の際の断層痕)である。「西頸(せいけい)七谷」に多い崩壊性地すべりの代表的地域の一つ。谷底盆地は純農村で、肉牛飼育、養豚が盛んである。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名立の関連キーワード上越浦川原〈村〉新潟県上越市頸城区鵜ノ木新潟県上越市頸城区潟新潟県上越市頸城区諏訪名立〈町〉新潟県上越市西本町能生〈町〉牧〈村〉安塚〈町〉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名立の関連情報