コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西鶴諸国はなし さいかくしょこくはなし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

西鶴諸国はなし
さいかくしょこくはなし

浮世草子井原西鶴作。5巻5冊。貞享2 (1685) 年刊内題『近年諸国はなし』,副題大下馬』。西鶴の見聞や,伝説など,諸国の怪談珍聞を集めたもの。 35章の各章にそれぞれ「知慧」「不思議」「義理」などの題目を掲げ,それらの話を巧みな語り口をもって西鶴らしい人間臭さで処理している。いわゆる雑話物の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さいかくしょこくばなし【西鶴諸国はなし】

浮世草子。井原西鶴作。5巻35話。1685年(貞享2)刊。内題は〈近年諸国咄〉,〈大下馬〉。題を三つ有するのは珍しい例。当初は外題を〈大下馬〉,内題を〈近年諸国咄〉として出すはずのところ,本書と同時に京の書肆西村市郎右衛門から《宗祇諸国物語》が出るなどの事情があって,急遽〈西鶴〉を冠して対抗するか,もしくは早い時期に改題したものと考えられる。内容は近年(ほぼ近世初期)の諸国奇譚集。三都(京,大坂,江戸)および畿内で3分の2を占めるが,北は南部,南は筑前にまでわたる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さいかくしょこくはなし【西鶴諸国はなし】

浮世草子。五巻。井原西鶴作。1685年刊。奇談・怪談など諸国の説話を集めたもので、西鶴の脚色により新鮮味をもったものも多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

西鶴諸国はなしの関連キーワード奇談脚色説話

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android