コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覆る クツガエル

デジタル大辞泉の解説

くつ‐がえ・る〔‐がへる〕【覆る】

[動ラ五(四)]
ひっくり返る。裏返る。転覆する。「―・った船体」
倒れ滅びる。「政権が―・る」
それまで正しいものとされてきた考え方や決定が根本から変えられる。「最高裁で判決が―・った」
(動詞に付いて、その語意を強める)たいそう…する。
「監(げん)の命婦、めで―・りて」〈大和・二二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くつがえる【覆る】

( 動五[四] )
上下が逆になる。ひっくりかえる。 「天地が-・るような大騒ぎ」
国・政権などが打ち倒される。滅びる。 「何百年も続いた王制が-・る」
それまでのことが否定されて、全面的に改まる。 「一審判決が-・る」
動詞の連用形に付いて、その意味を強める。 「監げんの命婦めで-・りて、もとめてやりけり/大和 22」 〔「覆す」に対する自動詞〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

覆るの関連キーワード前車の覆るは後車の戒めアスクレピオスP対NP問題覆車の戒め先発明主義先願主義連用形自動詞命婦語意覆す前車

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

覆るの関連情報