コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転がる コロガル

3件 の用語解説(転がるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ころが・る【転がる】

[動ラ五(四)]
ころころと回転しながら進む。ころげる。「一〇円玉が―・る」
立っていたものが倒れる。ころぶ。ころげる。「つまずいて―・る」
からだを横にする。寝ころがる。「畳の上に―・って新聞を読む」
(「ころがっている」の形で)
㋐無造作に、あるいは雑然と置かれたように物がある。「消しゴムや鉛筆が―・っている」
㋑どこでも見かける、珍しくもないものとして存在している。「うまい話はそう―・ってはいない」「その辺に―・っているものとはちょっと違う」
物事の成り行きが変わる。形勢が変化する。「どう―・っても損はない」
[可能]ころがれる

まろが・る【転がる】

[動ラ五(四)]ころがる。
「―・りたる生簀(いけす)の籠も」〈蘆花自然と人生

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ころがる【転がる】

( 動五[四] )
丸い物が他の物の表面を回転しながら移動する。ころげる。 「ボールが-・る」
立っていたものが倒れる。ころげる。転倒する。 「つまずいて地面に-・る」 「寝-・る」
(「ころがっている」の形で)
ものが雑然と置かれている。 「床の上に何冊もの本が-・っている」
手に入れやすい形でたくさん存在する。 「そんなもの、そこらにいくらでも-・っている」 〔「ころがす」に対する自動詞〕
[可能] ころがれる

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転がるの関連情報