コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転ぶ コロブ

デジタル大辞泉の解説

ころ・ぶ【転ぶ】

[動バ五(四)]
ころころと回転しながら進む。ころがる。「子犬が―・ぶように駆けてくる」
からだのバランスを失って倒れる。転倒する。「ぬかるみで滑って―・んだ」
物事の成り行きが他の方向に変わる。事態がある方向へ向かう。「どちらへ―・んでも大勢は変わらない」

㋐江戸時代、キリシタンが幕府に弾圧されて仏教に改宗する。
㋑権力や誘惑に負けて、今までの主義・主張などを変える。転向する。「金に―・んで言いなりになる」
芸者などがひそかに売春をする。
「二貫も御祝儀を遣りゃすぐ―・ぶっていうんで」〈荷風腕くらべ
[可能]ころべる

まろ・ぶ【転ぶ】

[動バ五(四)]
ころがる。
「犬のように―・びながら」〈有島・クララの出家〉
ひっくりかえる。倒れる。ころぶ。
「地響して横様に―・びしが」〈紅葉金色夜叉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ころぶ【転ぶ】

( 動五[四] )
人がすべったりつまずいたりして倒れる。 「石につまずいて-・ぶ」
事態の進展する方向が変わる。 「どう-・んでも不利にはならない」
回転しながら動いていく。ころがる。 「鞠のごとく簾中より-・び出でさせ給うて/宇治拾遺 15
キリシタンが弾圧に屈して改宗する。
芸者などがひそかに体を売る。 「 - ・ぶからそれではやると芸子言ひ/柳多留 5

まろぶ【転ぶ】

( 動五[四] )
ころがる。 「千引の巌は-・ばすとも/自由太刀余波鋭鋒 逍遥
ころぶ。倒れる。 「こけつ-・びつ逃げ帰る」 「地響して横様に-・びしが/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

転ぶの関連キーワード七転八倒・七顛八倒・七顚八倒禁忌(俗信上の禁止事項)倒れる・斃れる・殪れるヘスペルオルニス自由太刀余波鋭鋒妊娠中の健康管理気管・気管支異物すってんころり危なっかしい引っ掛けるキリシタン転びを打つ寝転がる素っ転ぶ前田玲奈霊魂信仰カゼクサ突っ掛る転び公妨袖もぎ様

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

転ぶの関連情報