コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転ぶ コロブ

4件 の用語解説(転ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ころ・ぶ【転ぶ】

[動バ五(四)]
ころころと回転しながら進む。ころがる。「子犬が―・ぶように駆けてくる」
からだのバランスを失って倒れる。転倒する。「ぬかるみで滑って―・んだ」
物事の成り行きが他の方向に変わる。事態がある方向へ向かう。「どちらへ―・んでも大勢は変わらない」

㋐江戸時代、キリシタンが幕府に弾圧されて仏教に改宗する。
㋑権力や誘惑に負けて、今までの主義・主張などを変える。転向する。「金に―・んで言いなりになる」
芸者などがひそかに売春をする。
「二貫も御祝儀を遣りゃすぐ―・ぶっていうんで」〈荷風腕くらべ
[可能]ころべる

まろ・ぶ【転ぶ】

[動バ五(四)]
ころがる。
「犬のように―・びながら」〈有島クララの出家〉
ひっくりかえる。倒れる。ころぶ。
「地響して横様に―・びしが」〈紅葉金色夜叉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ころぶ【転ぶ】

( 動五[四] )
人がすべったりつまずいたりして倒れる。 「石につまずいて-・ぶ」
事態の進展する方向が変わる。 「どう-・んでも不利にはならない」
回転しながら動いていく。ころがる。 「鞠のごとく簾中より-・び出でさせ給うて/宇治拾遺 15
キリシタンが弾圧に屈して改宗する。
芸者などがひそかに体を売る。 「 - ・ぶからそれではやると芸子言ひ/柳多留 5

まろぶ【転ぶ】

( 動五[四] )
ころがる。 「千引の巌は-・ばすとも/自由太刀余波鋭鋒 逍遥
ころぶ。倒れる。 「こけつ-・びつ逃げ帰る」 「地響して横様に-・びしが/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

転ぶの関連キーワード転がる素っ転ぶ寝転ぶ芋虫ころころ押並ぶ月刊コロコロコミックコロコロイチバンコロコロの日ころころミルク別冊コロコロコミックspecial

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転ぶの関連情報