コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

転ぶ コロブ

4件 の用語解説(転ぶの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ころ・ぶ【転ぶ】

[動バ五(四)]
ころころと回転しながら進む。ころがる。「子犬が―・ぶように駆けてくる」
からだのバランスを失って倒れる。転倒する。「ぬかるみで滑って―・んだ」
物事の成り行きが他の方向に変わる。事態がある方向へ向かう。「どちらへ―・んでも大勢は変わらない」

㋐江戸時代、キリシタンが幕府に弾圧されて仏教に改宗する。
㋑権力や誘惑に負けて、今までの主義・主張などを変える。転向する。「金に―・んで言いなりになる」
芸者などがひそかに売春をする。
「二貫も御祝儀を遣りゃすぐ―・ぶっていうんで」〈荷風腕くらべ
[可能]ころべる

まろ・ぶ【転ぶ】

[動バ五(四)]
ころがる。
「犬のように―・びながら」〈有島クララの出家〉
ひっくりかえる。倒れる。ころぶ。
「地響して横様に―・びしが」〈紅葉金色夜叉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ころぶ【転ぶ】

( 動五[四] )
人がすべったりつまずいたりして倒れる。 「石につまずいて-・ぶ」
事態の進展する方向が変わる。 「どう-・んでも不利にはならない」
回転しながら動いていく。ころがる。 「鞠のごとく簾中より-・び出でさせ給うて/宇治拾遺 15
キリシタンが弾圧に屈して改宗する。
芸者などがひそかに体を売る。 「 - ・ぶからそれではやると芸子言ひ/柳多留 5

まろぶ【転ぶ】

( 動五[四] )
ころがる。 「千引の巌は-・ばすとも/自由太刀余波鋭鋒 逍遥
ころぶ。倒れる。 「こけつ-・びつ逃げ帰る」 「地響して横様に-・びしが/金色夜叉 紅葉

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

転ぶの関連情報