転ぶ(読み)コロブ

デジタル大辞泉「転ぶ」の解説

ころ・ぶ【転ぶ】

[動バ五(四)]
ころころと回転しながら進む。ころがる。「子犬が―・ぶように駆けてくる」
からだのバランスを失って倒れる転倒する。「ぬかるみで滑って―・んだ」
物事の成り行きが他の方向に変わる。事態がある方向へ向かう。「どちらへ―・んでも大勢は変わらない」

㋐江戸時代、キリシタン幕府に弾圧されて仏教に改宗する。
権力や誘惑に負けて、今までの主義・主張などを変える。転向する。「金に―・んで言いなりになる」
芸者などがひそかに売春をする。
「二貫も御祝儀を遣りゃすぐ―・ぶっていうんで」〈荷風腕くらべ
[可能]ころべる
[類語]転がる転げるこける倒れるひっくり返るくつがえ転倒する横転する転覆する倒壊する卒倒する昏倒こんとうする潰れる

まろ・ぶ【転ぶ】

[動バ五(四)]
ころがる。
「犬のように―・びながら」〈有島クララ出家
ひっくりかえる。倒れる。ころぶ。
「地響して横様に―・びしが」〈紅葉金色夜叉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android