コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覆輪・伏輪(読み)ふくりん

大辞林 第三版の解説

ふくりん【覆輪・伏輪】

刀剣・甲冑かつちゆう・馬具・笛・陶磁器などの縁を包む金属や革。他の物との接触による傷みを防止するためのもの。装飾ともなるため、金銅・銀銅・砂張さはりなどが多く用いられた。
女性の着物の八つ口・袖口などを他の布で細く縁どったもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android