コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覆輪・伏輪 ふくりん

大辞林 第三版の解説

ふくりん【覆輪・伏輪】

刀剣・甲冑かつちゆう・馬具・笛・陶磁器などの縁を包む金属や革。他の物との接触による傷みを防止するためのもの。装飾ともなるため、金銅・銀銅・砂張さはりなどが多く用いられた。
女性の着物の八つ口・袖口などを他の布で細く縁どったもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

覆輪・伏輪の関連キーワード八つ口陶磁器刀剣馬具金銅

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android