コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カン

3件 の用語解説(観の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かん〔クワン〕【観】

外から見たようすや感じ。外見。「別人のがある」
仏語。真理を観じること。物事を細心に分別して観察し、道理を悟ること。

かん【観〔觀〕】[漢字項目]

[音]カン(クヮン)(呉)(漢) [訓]みる みせる
学習漢字]4年
対象を眺めて見る。見渡す。見物する。「観客観劇観光観梅観覧参観拝観傍観
物事を念入りに見る。「観察観測
物事を見て、意味や本質をとらえる。考える。「観照観念客観主観達観直観諦観(ていかん)悲観
人に示す。見せる。「観兵式展観
目に見える様子・眺め。「偉観外観奇観景観盛観壮観美観
物の見方・考え方。「史観厭世観人生観先入観
物見台。「楼観
道教の寺。「寺観道観
[名のり]あき・しめす・まろ・み

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かん【観】

目に映った印象。物事の様子・状態。 「別人の-がある」 「侵すべからざる如き-ある処の外科室/外科室 鏡花
〘仏〙 特定の想念や心の本性などを心の中で観察し、仏教の真理に達する方法。 → 止観
接尾語的に用いて、…に対する考え方・見方などの意を表す。 「人生-」 「歴史-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

観の関連キーワード

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

観の関連情報