コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カン

デジタル大辞泉の解説

かん〔クワン〕【観】

外から見たようすや感じ。外見。「別人のがある」
仏語真理を観じること。物事を細心に分別して観察し、道理を悟ること。

かん【観〔觀〕】[漢字項目]

[音]カン(クヮン)(呉)(漢) [訓]みる みせる
学習漢字]4年
対象を眺めて見る。見渡す。見物する。「観客観劇観光観梅観覧参観拝観傍観
物事を念入りに見る。「観察観測
物事を見て、意味や本質をとらえる。考える。「観照観念客観主観達観直観諦観(ていかん)悲観
人に示す。見せる。「観兵式展観
目に見える様子・眺め。「偉観外観奇観景観盛観壮観美観
物の見方・考え方。「史観厭世観人生観先入観
物見台。「楼観
道教の寺。「寺観道観
[名のり]あき・しめす・まろ・み

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かん【観】

目に映った印象。物事の様子・状態。 「別人の-がある」 「侵すべからざる如き-ある処の外科室/外科室 鏡花
〘仏〙 特定の想念や心の本性などを心の中で観察し、仏教の真理に達する方法。 → 止観
接尾語的に用いて、…に対する考え方・見方などの意を表す。 「人生-」 「歴史-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

観の関連キーワード青森県東津軽郡外ヶ浜町蟹田小国東小国山内田五観(うちだいつみ)インドアプランツ観賢(かんけん)ライフスタイル浄阿(初代)貞観の大津波覚王院義観笹原如是観ペシミズム内田弥太郎スゥフガン貞観時代一心三観観念修行環境哲学裁断批評橋本経子倫子女王慈威和尚

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観の関連情報