(読み)ソン

デジタル大辞泉 「樽」の意味・読み・例文・類語

そん【樽】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ソン(呉)(漢) [訓]たる
〈ソン〉さかだる。たる。「樽酒樽俎そんそ
〈たる(だる)〉「樽酒四斗樽

たる【×樽】

酒・醤油などを入れて蓄えたり、持ち運んだりするための木製の容器。たがでしめた円筒状のおけの形をし、固定したふたがある。「さか
[類語]酒樽ビヤ樽角樽柳樽薦被り

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「樽」の意味・読み・例文・類語

そん【樽】

  1. 〘 名詞 〙 たる。そ。
    1. [初出の実例]「粕弐具 餠弐具 樽玖口 円船壱口」(出典法隆寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747))
    2. 「一豆の食を得ても、衆と共に分て食し、一樽(ソン)の酒を得ても、流れに濺(そそ)いで士と均く飲す」(出典:太平記(14C後)二〇)

たる【樽】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 流動物などを入れて貯える木製の容器。形は桶(おけ)に似て蓋(ふた)のあるもの。特に、酒樽をいう。そん。〔名語記(1275)〕
  3. 酒飲みの腹。転じて、酒飲み。また、飲酒の量。
    1. [初出の実例]「又兵衛どの、貴さまの樽もしって居る」(出典:雑俳・蓬莱山(1709))

こ‐みか【樽】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「木甕(こみか)」で、木製の甕の意 ) 酒などを入れる樽(たる)。こむか。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「樽」の意味・わかりやすい解説

樽 (たる)

酒やしょうゆなどの液体を入れる容器。樽ははじめは酒を杯に注ぐための容器で,注ぎ口から酒が垂れることから〈たり〉とよんだのが〈たる〉となったという。古代の樽には木製,土陶製,金属製などがあったようで,形ははっきりしない。木製の漆塗が多かったようである。鎌倉時代になると太鼓樽が使われている。木をくって太鼓形に作り,胴の一部に注ぎ口を付けたもので,支脚の上に据え,胴を回転させて酒を注ぐ。この形の樽は《春日権現験記》などにも描かれている。鎌倉時代の末から室町時代にかけて結樽(ゆいだる)が出てくる。結桶に鏡蓋を取り付けたもので,多く杉で作られている。これまでのような注器ではなく,酒,しょうゆ,酢,みそ,砂糖,油,乾物,漆,柿渋などの貯蔵,運搬容器として用いられた。とくに清酒の場合,杉樽からの浸出物,いわゆる木香(きが)が調熟に不可欠のものとされ,樽は単なる容器を超えて重要な醸造具でもあった。また運搬容器としての樽の役割もきわめて大きかった。とりわけ需要が大きかったのは海上輸送用で,たとえば酒用樽をみると元禄期(1688-1704)以降江戸入津の下り酒が年80万樽から100余万樽に及んでいる(樽廻船)。一方,室町時代には指樽(さしだる),つまり指物技術による箱形の樽も生まれた。結樽とちがい,古来の〈たる〉の系統をつぐ注器であり,婚礼や宴会などに用いられた。また江戸時代になると結樽でも注器の系統をひくものが作られた。円筒形の胴の両側に兎の耳のように2本の把手がついた兎樽(うさぎだる)や柳樽(やなぎだる)で,華やかな朱漆などを塗って祝儀用に用いた。また平たい円形の平樽もあり,これを太鼓樽ともよんだ。近代に入るとビール,ウィスキー,ブドウ酒,セメント,釘などの容器として洋樽も作られた。洋樽は中ふくらみの円筒形で蓋と底が付き,鉄帯輪の〈たが〉でしめてあり,ビール,ウィスキー,ブドウ酒にはナラ,セメント,釘には杉が用いられる。しかし第2次大戦後は合成樹脂の容器や金属製容器にかわってきて,木製の樽はしだいに減少している。

執筆者:

西洋の樽と日本の樽をくらべると,後者は胴はまるいが樽板の上下はまっすぐである。洋樽は胴がまるく,さらに樽板の上下にも曲線がつけられているから,建築構造上の〈二重アーチ〉で,今日の工業知識からみても最も強い構造を示している。洋樽は紀元前につくられていたらしいが,起源はわかっていない。ギリシアの哲学者ディオゲネスが樽の中に住んでいたという話は有名であるが,それはギリシア語では粘土でつくった大きな容器を意味していた。洋樽の最も古い記録はギリシアのヘロドトスの《歴史》で,バビロニアユーフラテス川上流からくる船がブドウ酒をヤシの木の板でつくった樽に入れて運んでいたことが記されている。おなじくギリシアのストラボンの《地理学》には,ガリアでは住民が大きな樽をつくっているが,内部にピッチを塗る技術が進んでいると書いている。ただし,大プリニウスの《博物誌》によると,アルプス付近のガリア人は〈たが〉をはめた木の樽に酒を入れているが,暖かい地方では長楕円形の甕(かめ)に酒を入れ気温に応じてその全体または一部分地中に埋めていると書いているから,ローマあたりでは樽は一般に使われていなかったらしい。11~13世紀,十字軍時代には聖地に向かったキリスト教徒が樽にいろいろのものをつめて運んだことが知られ,14世紀にはヨーロッパ各地に樽大工の組合ができた。洋樽の一般的な名前はバレルbarrelであるが,その容量に応じていくつかの名称があり,それが樽そのものの名前あるいは容量の表示になっている。現在は容量が一定されていないが,19世紀の記録によると,1.5バレル=1ホッグズヘッドhogshead,2ホッグズヘッド=1バットbutt,2バット=1タンtunであった。目方を表すトンtonはタンtunの変化した語で,タン樽を入れる空間を意味する言葉であった。
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「樽」の意味・わかりやすい解説


たる
barrel

酒や醤油などの液体を運搬,貯蔵する容器。杉,ひのき,桜などの木製の円筒形で,ふたがついている。缶や瓶が普及するまでは醸造物の貯蔵,運搬に使われたが,今日でも酒や醤油の微妙な品質を保つものとして珍重されている。ほかに儀式用の酒樽として,上部にさげるための装飾を兼ねた取手のついたものもあり,ビール樽のように中胴のふくらんだ形のものもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

食器・調理器具がわかる辞典 「樽」の解説

たる【樽】

酒・しょうゆなどを貯蔵するための木製の円筒形の容器。和だると洋だるがあり、和だるは桶に似て、ふたのあるもの。洋だるは、酒の熟成に用いる、胴の中央が太いもの。

出典 講談社食器・調理器具がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉プラス 「樽」の解説

樽〔小説〕

英国のミステリー作家F・W・クロフツの代表作(1920)。原題《The Cask》。英仏両国にまたがるアリバイ崩しの古典的名作。

樽〔焼酎〕

キリンビールが販売する甲類乙類混和焼酎の商品名。3年以上樫樽に寝かせた樽貯蔵酒と乙類麦焼酎をブレンドした混和焼酎。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のの言及

【桶】より

…これに対し結桶は鎌倉時代末ごろに出現し,室町時代に入って急速に普及したものである。桶ととがよく似たものとなったのもこのころからである。それまでの樽はおもに壺形で,結桶の発達により,結桶に注口のある蓋を固定した樽が作られるようになった。…

※「樽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

再生可能エネルギー

自然の活動によってエネルギー源が絶えず再生され、半永久的に供給され、継続して利用できるエネルギー。有限の資源である化石燃料などに代わる、新エネルギー(中小規模水力・地熱・太陽光・太陽熱・風力・雪氷熱・...

再生可能エネルギーの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android