コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煮凝り にこごり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

煮凝り
にこごり

魚肉,牛肉,鳥肉などを煮つめ,結合組織コラーゲンが溶出したその煮汁が冷えてゼリー状に固まったものをいう。魚はよく煮ると膠質が溶出して,それを煮つめると固形の肉汁となる。すっぽん,穴子,たい,かれいなどが比較的つくりやすい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

に‐こごり【煮凝り/煮凍り】

魚などの煮汁が、冷えて固まったもの。また、魚などを柔らかく煮て、煮汁ごとゼラチン寒天などで固めた料理。 冬》「―に哀しき債(おひめ)おもふかな/万太郎

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

にこごり【煮凝り】

煮魚などの煮汁が冷えて固まったもの。また、これに寒天などを補い、魚の身などを入れて型に流し入れ、固めた料理。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

にこごり【煮凝り】

魚などの煮汁が冷えて固まったもの。また、煮魚の身をほぐして煮汁とともに固めた寄せ物。ゼラチンが冷えて固まってできる。 [季] 冬。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

煮凝りの関連情報