コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑前煮 チクゼンニ

デジタル大辞泉の解説

ちくぜん‐に【×筑前煮】

鶏肉とニンジン・ゴボウ・レンコン・シイタケなどを油で炒(いた)め、砂糖・醤油で味を付け煮詰めたもの。筑前地方の郷土料理がめ煮

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ちくぜんに【筑前煮】

鶏肉とごぼう・れんこん・にんじんこんにゃくなどを油で炒め、しょうゆみりんなどで甘辛く煮た料理。仕上げにさやえんどうなどの青みを散らすことが多い。福岡郷土料理だが一般に普及している。◇「いり鶏」ともいう。また福岡などで「がめ煮」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちくぜんに【筑前煮】

鶏肉をサトイモ・ニンジン・ゴボウ・こんにゃくなどと油で炒いため、濃い味に煮たもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ちくぜんに【筑前煮】


鶏肉とごぼう・れんこん・にんじん・こんにゃくなどを油で炒め、しょうゆ・みりんなどで甘辛く煮た料理。仕上げにさやえんどうなどの青みを散らすことが多い。福岡の郷土料理だが一般に普及している。◇「いり鶏」ともいう。また福岡などで「がめ煮」ともいう。

出典|講談社日本の郷土料理がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑前煮
ちくぜんに

野菜と肉とを煮合わせたもの。筑前地方の日常料理であったところから筑前煮の名がついたが、福岡県ではがめ煮の名もある。鶏肉や、川魚ではコイ、フナ、ナマズ、海魚ではコチ、ホウボウ、スズキなどが多く用いられる。野菜はサトイモ、キノコ、ニンジン、ゴボウなどである。材料は適当な大きさに切り、鍋(なべ)に食用油を注いでこれら材料を炒(いた)め、みりんと酒をひたひたに加え、煮立ったところでしょうゆを注ぎ、とろ火にして汁のなくなるまで煮つめる。一種の煮しめであるが、煮あげる直前に、彩りにサヤエンドウ、サヤインゲンなどの青みを加えたり、またネギを用いることが多い。[多田鉄之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

筑前煮の関連キーワード炒り鶏/煎り鶏/炒り鳥/煎り鳥はかた地どりサヤインゲン多田鉄之助甘塩っぱい千切り蒟蒻

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑前煮の関連情報