筑前煮(読み)チクゼンニ

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ちくぜんに【筑前煮】

鶏肉とごぼう・れんこん・にんじんこんにゃくなどを油で炒め、しょうゆみりんなどで甘辛く煮た料理。仕上げにさやえんどうなどの青みを散らすことが多い。福岡郷土料理だが一般に普及している。◇「いり鶏」ともいう。また福岡などで「がめ煮」ともいう。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちくぜんに【筑前煮】

鶏肉をサトイモ・ニンジン・ゴボウ・こんにゃくなどと油で炒いため、濃い味に煮たもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

ちくぜんに【筑前煮】


鶏肉とごぼう・れんこん・にんじん・こんにゃくなどを油で炒め、しょうゆ・みりんなどで甘辛く煮た料理。仕上げにさやえんどうなどの青みを散らすことが多い。福岡の郷土料理だが一般に普及している。◇「いり鶏」ともいう。また福岡などで「がめ煮」ともいう。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

筑前煮
ちくぜんに

野菜と肉とを煮合わせたもの。筑前地方の日常料理であったところから筑前煮の名がついたが、福岡県ではがめ煮の名もある。鶏肉や、川魚ではコイ、フナ、ナマズ、海魚ではコチ、ホウボウ、スズキなどが多く用いられる。野菜はサトイモ、キノコ、ニンジン、ゴボウなどである。材料は適当な大きさに切り、鍋(なべ)に食用油を注いでこれら材料を炒(いた)め、みりんと酒をひたひたに加え、煮立ったところでしょうゆを注ぎ、とろ火にして汁のなくなるまで煮つめる。一種の煮しめであるが、煮あげる直前に、彩りにサヤエンドウ、サヤインゲンなどの青みを加えたり、またネギを用いることが多い。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筑前煮の関連情報