コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

従兄弟煮 イトコニ

デジタル大辞泉の解説

いとこ‐に【従弟煮】

小豆・牛蒡(ごぼう)・芋・カボチャなどを、堅いものから順に入れ、醤油か味噌で味をつけた煮物。おいおい(甥々)めいめい(姪々)に煮るという洒落(しゃれ)から、また、野菜ばかりを煮るところからの名という。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

いとこに【従兄弟煮】

あずきと、いも類・ごぼう・大根などの野菜、豆腐などをかたくて煮えにくいものから順に入れ、みそやしょうゆで調味した煮物。あずき以外の材料や味つけは地方によりさまざまなものがある。◇材料をおいおい(甥)、めいめい(姪)に入れるからとも、野菜だけを煮るため、近親関係にあるからともいわれる。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

いとこに【従兄弟煮】

小豆・ごぼう・大根・豆腐などを煮えにくいものから順に入れて、味噌で味付けした料理。 〔「追い追い煮る」に「甥々」を掛けた洒落という〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の従兄弟煮の言及

【日本料理】より

…ところが日本の料理人たちは,それに肴物としての役割を果たさせようとしてくふうをこらした。古くから日本人には気のきいたしゃれや軽口を秀句と呼んでかっさいする風があり,そうした秀句好きの風潮に便乗して,例えば〈従兄弟煮(いとこに)〉とか〈天竺(てんじく)みそ〉といった名をつけて供したのである。前者はアズキ,ゴボウ,サトイモ,ダイコン,豆腐,焼きグリなどをみそ煮にしたもの,後者はトウガラシで口が焼けそうななめみそである。…

※「従兄弟煮」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報