コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詞譜 しふCí pǔ

1件 の用語解説(詞譜の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しふ【詞譜 Cí pǔ】

中国,宋代に流行した歌辞文芸,の多様で複雑な韻文形式を整理し,図式化して示したもの。また康熙帝勅撰の詞譜は単に《詞譜》と題されているので,もっぱらその書を指していうこともある(40巻,1715∥康熙54。《欽定詞譜》とも)。詞は歌辞である一面,定型的韻文であるが,律詩や絶句とは異なり,その定型は楽曲ごとにきまるので,楽曲の数だけ形式の種類があることになる。その数は数え方によっては2000を超える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

詞譜の関連情報