コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認知症カフェ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

認知症カフェ

1997年にオランダにできたアルツハイマーカフェが始まりとされる。日本では2012年ごろから普及し、厚生労働省の15年度の調査では全国に計2253カフェがあった。運営主体は介護サービス施設・事業者地域包括支援センターが多い。国が15年に打ち出した認知症の総合戦略「新オレンジプラン」では、「18年度からすべての市町村で地域の実情に応じ実施する」との目標を掲げている。

(2017-11-21 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

認知症カフェ
にんちしょうかふぇ

認知症の人やその家族、地域住民、介護や福祉などの専門家などが気軽に集い、情報交換や相談、認知症の予防や症状の改善を目ざした活動などのできる場所。自治体や病院、高齢者施設、特定非営利活動法人(NPO)などによって運営される施設で、数百円の利用料や茶菓代を支払うだけで利用できる。おもに初期段階の認知症や若年性認知症、軽度認知障害(MCI)の人などを対象としており、本人や家族が認知機能の低下にいち早く気づき、早めに対策を講じて症状の進行を遅らせることを重視している。そのため、介護保険サービスを受けていない人がおもな対象となる。本人が自主的に訪問し、囲碁やカラオケ、グラウンドゴルフなどといった、記憶や考える機能を高める遊びや訓練などの支援が受けられるほか、家族を対象とした勉強会やかかわり方に関する講習会なども行われており、孤立しがちな本人や家族と地域のつながりの場を提供している。厚生労働省が2012年(平成24)に策定した認知症施策推進五か年計画(オレンジプラン)で、認知症の予防対策、地域や家族による支援体制の強化を図るために打ち出されたプログラムで、医療福祉専門のコーディネーターを設置することなどを条件に運営資金の一部が補助される。2015年度から実施される認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)においても、認知症の人やその介護者に対する支援を強化するため、2018年度からすべての市町村に設置することを基本とする予定である。
 認知症カフェは、1980年(昭和55)に京都市で発足した、「認知症の人と家族の会」(旧称「呆(ぼ)け老人をかかえる家族の会」)が、30年以上続けてきた電話相談や会報の発行、集いの場の設置といった活動が発端で、これを国が後押しする形で始まった。全国で設置が相次いでおり、地域によって運営や行事などにさまざまなくふうが凝らされるなど、地域の医療やケアの窓口としても注目されている。同じような試みは海外にもみられる。イギリスやオランダでは、メモリーカフェやアルツハイマーカフェ、オデンセハウスなどの名称で、2000年以降になって地域社会に数多く設置されている。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

認知症カフェの関連キーワード若年認知症の人のデイサービス

今日のキーワード

イラク日報

2004~06年に陸上自衛隊がイラク復興支援活動に派遣された際の活動報告。04年1月20日~06年9月6日の計435日分が、計1万4,929ページに渡って記されている。陸上自衛隊が08年にまとめた「イ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

認知症カフェの関連情報