(読み)ユウ

デジタル大辞泉 「誘」の意味・読み・例文・類語

ゆう【誘】[漢字項目]

常用漢字] [音]ユウ(イウ)(漢) [訓]さそう いざなう
言葉をかけてみちびく。こちらになびくように仕向ける。さそう。「誘掖ゆうえき誘拐誘致誘導誘惑勧誘
ある事が別の事を引き起こす。「誘因誘爆誘発

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「誘」の意味・読み・例文・類語

いざ‐ない‥なひ【誘】

  1. 〘 名詞 〙 ( 動詞「いざなう(誘)」の連用形名詞化 ) いざなうこと。さそうこと。すすめること。さそい。
    1. [初出の実例]「坤は不(イサナイヲ)」(出典:土井本周易抄(1477)一)
    2. 「朋友義詮師の誘引(イサナヒ)によりて大和路におもむき」(出典:妙好人伝(1842‐52)初)

さそいさそひ【誘】

  1. 〘 名詞 〙 ( 動詞「さそう(誘)」の連用形の名詞化 ) さそうこと。いざなうこと。また、おびき出すこと。誘引。勧誘。
    1. [初出の実例]「くらまへ同道いたひて参らふとぞんじて、さそひにまいった」(出典:虎明本狂言・連歌毘沙門(室町末‐近世初))
    2. 「膳を出す摸様なければ、最うドンでもござらうかと客方より誘ひを掛ければ」(出典:当世商人気質(1886)〈饗庭篁村〉二)

そび【誘】

  1. 〘 名詞 〙 ( 動詞「そびく(誘)」の名詞形「そびき」の略か ) そそのかすこと。さそうこと。→そびをかう

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android