(読み)さそう

精選版 日本国語大辞典の解説

さそ・う さそふ【誘】

〘他ワ五(ハ四)〙
① 相手に、ある事をするようにすすめる。勧誘する。誘引する。また、すすめていっしょに行く。いざなう。
※古今(905‐914)春上・一三「花の香を風のたよりにたぐへてぞ鶯さそふしるべにはやる〈紀友則〉」
※太平記(14C後)一一「立も帰らで漕ぐ船を浦より外に誘(サソフ)らん」
② まわりの状況が人の気持をひきつけて、そちらになびくようにさせる。ある気持、感慨を起こさせる。
※源氏(1001‐14頃)末摘花「御琴の音いかにまさり侍らむと、思ひ給へらるる夜のけしきに、さそはれ侍りてなむ」
※東京の三十年(1917)〈田山花袋〉山の手の空気「すべて追憶をさそふ材料とならないものはない」
③ (物を)もち去る。(人を)さらってゆく。盗む。
※金葉(1124‐27)春・五六「花さそふ嵐や峰をわたるらん桜波よる谷川の水〈源雅兼〉」
※虎明本狂言・地蔵舞(室町末‐近世初)「此笠を人にさそはれてはなりまらせぬ」

そび【誘】

〘名〙 (動詞「そびく(誘)」の名詞形「そびき」の略か) そそのかすこと。さそうこと。→そびをかう

そび・く【誘】

〘他カ四〙
① かたわらから引く。さそいをかける。だましてさそう。誘惑する。おびく。〔名語記(1275)〕
※浄瑠璃・新うすゆき物語(1741)下「切身を見せてそびけ共、うかつに乗ぬかけ引気くばり」
② 無理やりに引っぱり出す。強いて連れてくる。しょびく。しょっぴく。
※日葡辞書(1603‐04)「ショニンノ サイシドモヲ サガシイダシテ ヒキ sobiqu(ソビク)

いざ‐な・う ‥なふ【誘】

〘他ワ五(ハ四)〙 (「いざ」は感動詞。「なう」は接尾語) さそう。勧める。また、勧めて連れて行く。さそいともなう。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)一二月二七日・宣命「神我天神地祇を率(ひき)ゐ伊左奈比(イザナヒ)て必ず成し奉(まつ)らむ」
※蜻蛉(974頃)下「れいのものする山寺に、紅葉も見がてら、とこれかれいざなはるればものす」

さそい さそひ【誘】

〘名〙 (動詞「さそう(誘)」の連用形の名詞化) さそうこと。いざなうこと。また、おびき出すこと。誘引。勧誘。
※虎明本狂言・連歌毘沙門(室町末‐近世初)「くらまへ同道いたひて参らふとぞんじて、さそひにまいった」
※当世商人気質(1886)〈饗庭篁村〉二「膳を出す摸様なければ、最うドンでもござらうかと客方より誘ひを掛ければ」

いざ‐ない ‥なひ【誘】

〘名〙 (動詞「いざなう(誘)」の連用形の名詞化) いざなうこと。さそうこと。すすめること。さそい。
※土井本周易抄(1477)一「坤は不(イサナイヲ)
※妙好人伝(1842‐52)初「朋友義詮師の誘引(イサナヒ)によりて大和路におもむき」

そびか・う そびかふ【誘】

〘他ハ四〙
① さからう。からかう。いどむ。
※浄瑠璃・小栗判官車街道(1738)三「憖(なまじひ)に誘出(ソビカ)ふて、馬の力は百層倍」
② 引っぱる。引っぱり合う。
※浄瑠璃・蘆屋道満大内鑑(1734)三「妼どもがそびかふて配分さしてはなるまいと」

おび・く【誘】

〘他カ四〙 (「招(を)き引く」または「帯引く」の変化した語か、「おびく」か「をびく」か、かなづかい未詳) だましてさそう。あざむいて引き寄せる。
※太平記(14C後)一四「射手を河中の洲崎へ出し、遠矢を射させてぞ帯(オビ)きける」

おこつ・る をこつる【誘】

〘他ラ四〙 うまい事を言ったり、したりして人をあざむき誘う。また、御機嫌をとる。とり入る。
※書紀(720)神武即位前戊午年一〇月(熱田本訓)「盛りに宴饗(とよのあかり)を設けて虜(あた)を誘(ヲコツリ)て取れ」

いさよ・う いさよふ【誘】

〘他ハ四〙 いざなう。さそう。
※壬二集(1237‐45)「人ならば宮こに見ましみや木のの露をいさよふ萩の夕風」

さす・う さすふ【誘】

〘他ハ四〙 =さそう(誘)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android