コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸手船 もろたぶね

4件 の用語解説(諸手船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸手船
もろたぶね

多数の手で漕ぐ古代日本船の一種。『日本書紀』にその記述があり,上代以前に使用された船であることがわかる。現在は和歌山県の熊野速玉神社と島根県の美保神社に諸手船と呼ばれる船が残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もろた‐ぶね【諸手船】

多くの櫓(ろ)のついた早船。また、2挺櫓の早船。
島根県松江市にある美保神社諸手船神事に用いるくり舟。 冬》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

もろたぶね【諸手船】

島根県八束郡美保関町美保神社諸手船神事に用いられる刳(くり)舟。常時2艘を備えつけ,約40年ごとに造り替えるきまりで,現存のものは1980年に古形を踏襲して造ったもの。長さ6.36m,肩幅の広いところ1.15m,材はモミで,本来は一本木の丸太彫であったが,現在のものは2本の丸太を別々にくって合わせた2枚継ぎになっている。漕具は櫂(かい)である。同じ名の船は和歌山県新宮市熊野速玉大社にもあるが,この方は完全な板船に変わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

もろたぶね【諸手船】

船の両舷に多数の櫂かいをつけて漕ぐ船。 「熊野の-、亦の名は天鴿船あまのはとふねを以て、使者稲背脛いなせはぎを載せて遣りつ/日本書紀 神代下訓
日本の古代に使われた刳舟くりふねの一。島根県美保神社に古式のまま伝えられている。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諸手船の関連キーワード美保関諸手船神事美保関〈町〉島根県松江市美保関町笠浦島根県松江市美保関町片江島根県松江市美保関町雲津島根県松江市美保関町七類島根県松江市美保関町菅浦島根県松江市美保関町千酌島根県松江市美保関町美保関

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諸手船の関連情報