コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸手船 もろたぶね

4件 の用語解説(諸手船の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸手船
もろたぶね

多数の手で漕ぐ古代日本船の一種。『日本書紀』にその記述があり,上代以前に使用された船であることがわかる。現在は和歌山県の熊野速玉神社と島根県の美保神社に諸手船と呼ばれる船が残っている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もろたぶね【諸手船】

島根県八束郡美保関町美保神社諸手船神事に用いられる刳(くり)舟。常時2艘を備えつけ,約40年ごとに造り替えるきまりで,現存のものは1980年に古形を踏襲して造ったもの。長さ6.36m,肩幅の広いところ1.15m,材はモミで,本来は一本木の丸太彫であったが,現在のものは2本の丸太を別々にくって合わせた2枚継ぎになっている。漕具は櫂(かい)である。同じ名の船は和歌山県新宮市熊野速玉大社にもあるが,この方は完全な板船に変わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

もろたぶね【諸手船】

船の両舷に多数の櫂かいをつけて漕ぐ船。 「熊野の-、亦の名は天鴿船あまのはとふねを以て、使者稲背脛いなせはぎを載せて遣りつ/日本書紀 神代下訓
日本の古代に使われた刳舟くりふねの一。島根県美保神社に古式のまま伝えられている。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諸手船の関連情報