コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸神本懐集 しょしんほんかいしゅう

2件 の用語解説(諸神本懐集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諸神本懐集
しょしんほんかいしゅう

仏教的神道書。元亨4 (1324) 年,親鸞の3世の孫,覚如の長子,存覚 (1290~1373) の著。2巻。鎌倉時代天台宗真言宗などで唱えられていた神仏習合神道に対して,浄土真宗の立場から神道を論じたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しょしんほんかいしゅう【諸神本懐集】

真宗僧存覚の著した談義本。奥書によると,元亨4年(1324)1月12日,仏光寺了源の要請により,当時流布していた一本を添削して製作したという。その底本は《神本地之事》と考えられている。談義本は〈耳ぢかの聖教〉と呼ばれ,仏教教義を因縁説話などによってわかりやすく解説したもので,門徒の宗教的要求を知る上で貴重な史料となろう。《諸神本懐集》は,親鸞の神祇否定の精神に立つ本願寺教団が,門徒民衆の神祇信仰との矛盾を止揚するために製作したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

諸神本懐集の関連キーワード談義本奥書院証誠寺辻談義長談義談義物伊藤単朴静観房好阿当世下手談義存覚上人一期記

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone