コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

怒る イカル

デジタル大辞泉の解説

いか・る【怒る】

[動ラ五(四)]
腹を立てる。おこる。憤慨する。「烈火のごとく―・る」
激しく動く。荒れ狂う。「波が―・る」
角張って、ごつごつしている。角立つ。「―・った肩」
おこ(怒)る用法
[補説]本来、「角立つ」のをいう語。感情が角立てば、腹を立てる意にもなる。この意には、現在「おこる」が用いられるが、これは「起こる」と同源で、勢いが盛んになる意から、気持ちの高ぶるのをいうようになったものらしい。
[可能]いかれる

おこ・る【怒る】

[動ラ五(四)]《「起こる」と同語源。感情が高まるところから》
不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる。いかる。「真っ赤になって―・る」
よくない言動を強くとがめる。しかる。「へまをして―・られた」
[可能]おこれる
[用法]おこる・いかる――「父親は息子のうそにおこって(いかって)殴りつけた」のように、日常的な怒りが行為や表情となって外に現れる場合には、ほぼ共通して使える。◇抽象的ないかりの場合は「政界汚職にいかる」のように用い、「おこる」はふつう使わない。また、「いかる」は文章語的でもある。◇類似の語「しかる」は、相手の言動やあやまちなどを強い調子で責めること。「父親はうそをついた息子をしかった」のように用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いかる【怒る】

( 動五[四] )
腹を立てる。おこる。 「烈火のごとく-・る」
ごつごつした形をする。角張る。 「 - ・った肩」 「小鼻が-・っている」
荒々しく動く。 「荒海の-・れる魚の姿/源氏 帚木
[可能] いかれる

おこる【怒る】

( 動五[四] )
腹を立てる。立腹する。いかる。 「真っ赤になって-・る」
しかる。 「先生に-・られる」 〔動詞「おこる」は自動詞で、「…をおこる」とは言えない。「先生におこられた」はいわゆる迷惑の受身の例。迷惑の受身とは、「(雨が)降る」「(父親が)死ぬ」のような自動詞で作られる、迷惑を受けた人を主語とした受身表現「(私は出先で)雨に降られた」「(彼は幼い時に)父親に死なれて苦労した」をいう。それに対して「しかる」は他動詞で、しかる相手が存在する。相手は動作者よりも目下の者で、動作者は教育的な立場から行い、意図的におこったようなこわい顔をすることはあっても、原則として非感情的である〕
[可能] おこれる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

怒るの関連キーワード頭から湯気を立てる怒り心頭に発する呆気にとられる柳眉を逆立てる獅子の歯噛み血相を変える修羅を燃やす仏の顔も三度激昂・激高色を損ずる烈火の如く慚恚・慙恚腹を立てる仕様も無い無理もない怒り狂う怒りん坊腹立てる尤も至極肩が張る

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怒るの関連情報