𠮟責(読み)シッセキ

デジタル大辞泉「𠮟責」の解説

しっ‐せき【𠮟責】

[名](スル)他人の失敗などをしかりとがめること。「部下をきびしく𠮟責する」
[類語]𠮟るおこ𠮟咤譴責𠮟りつける一喝大喝お目玉大目玉いさめる意見諫言諭す諫死注意説教諌止苦言忠言忠告勧告警告心添えいまし戒めるたしなめるとがめる言い聞かせる言い含める因果を含めるくぎを刺す

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android