コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃岐国山田郡田図 さぬきのくにやまだぐんでんず

世界大百科事典 第2版の解説

さぬきのくにやまだぐんでんず【讃岐国山田郡田図】

709年(和銅2)弘福寺水陸田目録に記された〈讃岐国山田郡弐拾町〉の水田の地について,弘福寺三綱が735年(天平7)に作成した田図。最も古い年紀を持つ田図であるが,原本ではなく,11~12世紀ごろに作成されたと考えられる写本である。弘福寺(川原寺)は9世紀以降に東寺の末寺化が進み,12世紀には寺領も含めて東寺長者の所領と化したため,弘福寺文書は東寺文書の一部として伝来することとなった。田図は幕末まで東寺に所蔵され,その存在は広く知られ模写も行われたが,やがて流出し,柏木貨一郎を経て1882年に松岡調が入手し,彼の多和文庫(香川県大川郡志度町)に現蔵されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の讃岐国山田郡田図の言及

【讃岐国】より

…律令制下の国府は阿野郡におかれ(現,坂出(さかいで)市府中町)大内,寒川,三木,山田,香川,阿野,鵜足,那珂(なか),多度,三野(みの),刈田(かりた)(のちに豊田(とよた))の11郡を管し,国分寺がその東(現,綾歌郡国分寺町)に建立された。条里制の遺構は現坂出市の綾川流域や丸亀平野に顕著にみとめられ,現在大川郡志度町の多和(たわ)文庫にある735年(天平7)弘福寺(ぐふくじ)領〈讃岐国山田郡田図〉は日本最古の方格地割図として名高い。なお《和名抄》には,讃岐国の田数として1万8600町歩余が記録されている。…

※「讃岐国山田郡田図」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

讃岐国山田郡田図の関連キーワード公害訴訟アルドヘルム失火責任法損害賠償ニューサンス不法行為民法の現代語化大島加波山顔真卿