谷口雅春(読み)たにぐち まさはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口雅春 たにぐち-まさはる

1893-1985 大正-昭和時代の宗教家。
明治26年11月22日生まれ。大本教,西田天香(てんこう)の一灯園をへて浅野和三郎の心霊科学研究会に参加。昭和4年「物質はない,実相がある」との神示をうけ,5年雑誌「生長の家」を創刊,病気と人生問題の解決をうたい信者をふやす。15年宗教結社生長の家を設立,初代総裁。昭和60年6月17日死去。91歳。兵庫県出身。早大中退。本名は正治(まさはる)。著作に「生命の実相」など。
【格言など】敵は自分に生長する栄養物を与えてくれる味方である

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たにぐちまさはる【谷口雅春】

1893‐1985(明治26‐昭和60)
生長の家の創立者。本名正治。神戸市近郊の農家の次男として生まれた。1914年恋愛問題で早稲田大学を中退,紡績会社で過酷な女子労働の実態にふれ,人生と職業の問題に悩む。17年大本教入信,浅野和三郎の下で《神霊界》の編集に従事した。大本教第1次弾圧を機に22年離教し,浅野の心霊科学研究会に参加。30年に《生長の家》創刊,病気治しと人生問題の解決法で評判をとった。以後生長の家の指導者として活躍した。生長の家【大濱 徹也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たにぐちまさはる【谷口雅春】

1893~1985) 生長の家の教祖。兵庫県生まれ。早大中退。大本教の雑誌編集者だったが、1929年(昭和4)、神示を受けて教義を確立。30年雑誌「生長の家」を発刊。上京し光明思想普及会を設立、新しいタイプの布教活動を行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷口雅春
たにぐちまさはる

[生]1893.11.22. 兵庫
[没]1985.6.17. 長崎
生長の家」総裁。 1914年早稲田大学中退。心霊術精神療法を学び,大本教を経て 38年「生長の家」を創立,万教帰一の宗教を唱えた。著書『生命の実相』 (20巻) ほか多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷口雅春
たにぐちまさはる
(1893―1985)

宗教家。新宗教教団「生長の家」の創始者で初代総裁。本名は正治(まさはる)。1893年(明治26)六甲山麓(ろっこうさんろく)(現、神戸市)の貧農の次男に生まれる。幼時から叔母に養われ、文学を志して早稲田(わせだ)大学英文科に学ぶが、思想遍歴や女性問題により養家の学資を断たれて中退。紡績会社勤務の後、1917年(大正6)に大本(おおもと)教へ入信、教主出口王仁三郎(でぐちおにさぶろう)の下で活躍した。1920年に教主臨席で同信者江守輝子(えもりてるこ)(1896―1988)と結婚したが、1922年に同教を去ってふたたび上京。1929年(昭和4)12月に「生命の実相を知れ」との啓示を受け、翌1930年3月1日に雑誌『生長の家』を創刊して立教、以来独特の文書伝道により教勢を拡大した。[薗田 稔]
『谷口雅春著『生命の実相』全20巻(1932・光明思想普及会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の谷口雅春の言及

【生長の家】より

谷口雅春が創立した大本教系の新宗教。1929年,谷口は〈物質はない,実相がある〉との神示を受けて教義を確立,30年神戸で雑誌《生長の家》を創刊し,32年より雑誌のバックナンバーを合本し,聖典《生命の実相》としてつぎつぎに刊行した。…

※「谷口雅春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷口雅春の関連情報