コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷口雅春 たにぐち まさはる

7件 の用語解説(谷口雅春の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

谷口雅春

宗教家。生長の家総裁。兵庫県生。大本教に入信、機関誌「神霊界」などに執筆。同教脱退後、光明思想普及会を組織、のち生長の家を創立し、敬神尊王を説き、大きな影響力を持った。著に『生命の実相』など。昭和60年(1985)歿、91才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たにぐち‐まさはる【谷口雅春】

[1893~1985]宗教家。「生長の家」の創始者。兵庫の生まれ。大正時代大本教の機関誌の編集に携わったのち同教を去り、昭和4年(1929)神示を受けて、独自の教義を確立。修養誌「生長の家」を刊行し、光明思想の布教にあたった。著「生命の実相」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷口雅春 たにぐち-まさはる

1893-1985 大正-昭和時代の宗教家。
明治26年11月22日生まれ。大本教,西田天香(てんこう)の一灯園をへて浅野和三郎の心霊科学研究会に参加。昭和4年「物質はない,実相がある」との神示をうけ,5年雑誌「生長の家」を創刊,病気と人生問題の解決をうたい信者をふやす。15年宗教結社生長の家を設立,初代総裁。昭和60年6月17日死去。91歳。兵庫県出身。早大中退。本名は正治(まさはる)。著作に「生命の実相」など。
【格言など】敵は自分に生長する栄養物を与えてくれる味方である

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たにぐちまさはる【谷口雅春】

1893‐1985(明治26‐昭和60)
生長の家の創立者。本名正治。神戸市近郊の農家の次男として生まれた。1914年恋愛問題で早稲田大学を中退,紡績会社で過酷な女子労働の実態にふれ,人生と職業の問題に悩む。17年大本教入信,浅野和三郎の下で《神霊界》の編集に従事した。大本教第1次弾圧を機に22年離教し,浅野の心霊科学研究会に参加。30年に《生長の家》創刊,病気治しと人生問題の解決法で評判をとった。以後生長の家の指導者として活躍した。生長の家【大濱 徹也】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たにぐちまさはる【谷口雅春】

1893~1985) 生長の家の教祖。兵庫県生まれ。早大中退。大本教の雑誌編集者だったが、1929年(昭和4)、神示を受けて教義を確立。30年雑誌「生長の家」を発刊。上京し光明思想普及会を設立、新しいタイプの布教活動を行なった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷口雅春
たにぐちまさはる

[生]1893.11.22. 兵庫
[没]1985.6.17. 長崎
生長の家」総裁。 1914年早稲田大学中退。心霊術,精神療法を学び,大本教を経て 38年「生長の家」を創立,万教帰一の宗教を唱えた。著書『生命の実相』 (20巻) ほか多数。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

谷口雅春
たにぐちまさはる
(1893―1985)

宗教家。新宗教教団「生長の家」の創始者で初代総裁。本名は正治(まさはる)。1893年(明治26)六甲山麓(ろっこうさんろく)(現神戸市)の貧農の次男に生まれる。幼時から叔母に養われ、文学を志して早稲田(わせだ)大学英文科に学ぶが、思想遍歴や女性問題により養家の学資を断たれて中退。紡績会社勤務の後、1917年(大正6)に大本(おおもと)教へ入信、教主出口王仁三郎(おにさぶろう)の下で活躍した。20年に教主臨席で同信者江守輝子(えもりてるこ)と結婚したが、22年に同教を去ってふたたび上京。29年(昭和4)12月に「生命の実相を知れ」との啓示を受け、翌年3月1日に雑誌『生長の家』を創刊して立教、以来独特の文書伝道により教勢を拡大した。[薗田 稔]
『谷口雅春著『生命の実相』全20巻(1932・日本教文社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の谷口雅春の言及

【生長の家】より

谷口雅春が創立した大本教系の新宗教。1929年,谷口は〈物質はない,実相がある〉との神示を受けて教義を確立,30年神戸で雑誌《生長の家》を創刊し,32年より雑誌のバックナンバーを合本し,聖典《生命の実相》としてつぎつぎに刊行した。…

※「谷口雅春」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

谷口雅春の関連キーワード宇野円空堀一郎会田ヒデ赤松智城石橋智信今岡信一良小口偉一佐藤賢順中野与之助増谷文雄

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷口雅春の関連情報