コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞心 テイシン

デジタル大辞泉の解説

てい‐しん【貞心】

貞節な
「そちは―に事をさたする条、重宝の者なり」〈咄・醒睡笑・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞心 ていしん

1798-1872 江戸後期-明治時代の尼僧,歌人。
寛政10年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士奥村五兵衛の長女。夫と死別し出家。文政10年ごろから晩年良寛和歌をまなび,その死までつかえた。天保(てんぽう)6年良寛遺詠の歌集「蓮(はちす)の露」をあむ。12年柏崎の釈迦堂庵主となる。明治5年2月10日死去。75歳。俗名は奥村ます。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ていしん【貞心】

貞節な心。みさおを堅く守る心。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

貞心の関連キーワード新潟県柏崎市常盤台福野七郎右衛門紙子仕立両面鑑寺田平左衛門良移心当流明治時代福野正勝寺田正重直信流歌人柔術勁節尼僧

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android