コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞心 テイシン

デジタル大辞泉の解説

てい‐しん【貞心】

貞節な心。
「そちは―に事をさたする条、重宝の者なり」〈咄・醒睡笑・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

貞心 ていしん

1798-1872 江戸後期-明治時代の尼僧,歌人。
寛政10年生まれ。越後(えちご)(新潟県)長岡藩士奥村五兵衛の長女。夫と死別し出家。文政10年ごろから晩年の良寛に和歌をまなび,その死までつかえた。天保(てんぽう)6年良寛遺詠の歌集「蓮(はちす)の露」をあむ。12年柏崎の釈迦堂庵主となる。明治5年2月10日死去。75歳。俗名は奥村ます。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ていしん【貞心】

貞節な心。みさおを堅く守る心。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貞心の関連情報