コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞観彫刻 じょうがんちょうこく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貞観彫刻
じょうがんちょうこく

平安時代前期,すなわち貞観時代に制作された彫刻。当代には空海や最澄によって日本に本格的な密教が伝えられ,仏教は行や修法を重視し,より人間中心のものに変身した。こうした密教的な修法の本尊として多面多臂 (ひ) あるいは忿怒明王像が多く造られるようになり,不動明王などのいかにも密教像にふさわしい仏像が生れた。また奈良時代に盛んであった銅造,塑造,乾漆造の技法はほとんど姿を消し,貞観彫刻における材質の主流は,木彫とそれに一部補助的に乾漆を用いたものに変った。こうした仏教界の動向や材質の変化は,彫刻様式にも大きな影響を与えた。仏像の表情は晦渋さを増し,神秘的な深みのある形相で,体躯も量感のあるどっしりしたものとなった。表面の彫り口も強く,また翻波式衣文 (ほんぱしきえもん) や巻葉渦文を表現したものが一つの典型となった。当代の特徴ある主要遺品として京都,教王護国寺講堂の『五菩薩像』 (うち1躯は後補) をはじめ『五大明王像』『四天王像』,広隆寺講堂の『阿弥陀如来坐像』『虚空蔵菩薩像』『地蔵菩薩像』,神護寺の『薬師如来像』,同寺多宝塔の『五大虚空蔵菩薩像』,観心寺の『如意輪観音像』,新薬師寺の『薬師如来像』,法華寺の『十一面観音像』などがある。またその他の地方にも貴重な遺品がみられ,岩手,黒石寺の『木造薬師如来像』,広島,古保利薬師堂の『薬師如来像』などが伝わる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貞観彫刻
じょうがんちょうこく

都が奈良から京都に移った794年(延暦13)ごろから、9世紀末ないし10世紀なかばに至る平安初期の彫刻の時代様式をさす。この時代を859年から877年に至る貞観という年号で代表させたもので、その前の810年から824年の年号名から弘仁(こうにん)彫刻とか、弘仁・貞観彫刻ということもある。[佐藤昭夫]
『倉田文作著『原色日本の美術5 密教寺院と貞観彫刻』(1967・小学館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

貞観彫刻の関連キーワード藤原彫刻

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android