コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翻波式衣文 ほんぱしきえもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翻波式衣文
ほんぱしきえもん

平安時代前期の木彫で衣文 (衣の皺) を,丸い波と角の波を交互に彫ってさざなみが立ったように表現する方法。奈良時代末期の木彫にもみられるが,平安時代前期に多用された。神護寺の『薬師如来立像』,法華寺の『十一面観音像』,室生寺の『釈迦如来坐像』など大部分の仏像に用いられ,後期まで続いた。翻波式の源流は中央アジアにあると推定されるが確証はなく,中国では木彫が発達しなかったため作例はない。日本独自の木彫技術から発生したものともいう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

翻波式衣文【ほんぱしきえもん】

奈良末期〜平安初期の木彫仏像に施された衣文。波に似た平行な数条の皺(しわ)で,皺の背は丸いものと角のものとを交互に繰り返す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほんぱしきえもん【翻波式衣文】

仏像の衣皺(衣文)表現の一種。丸味のある太く高い波と鎬(しのぎ)をたてた低い小波を交互に平行にあらわしたもの。平安時代初期,9~10世紀ころの木彫像に多く用いられ,その時代の彫刻の一特徴とされる。8世紀半ばの乾漆像にすでに同種の衣皺が見られ,9世紀半ばの法華寺十一面観音像の両脚部などが典型的なものである。小波が二条ずつあるものを特に複翻波式衣文あるいは波式(れんぱしき)衣文ということがある。【副島 弘道】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

翻波式衣文
ほんぱしきえもん

仏像の衣の襞(ひだ)(衣文)の表現法の一種。平安前・中期(9~10世紀)ごろの木彫像の特色の一つに数えられている。衣の襞の断面が大きく頭の丸いものと、小さく鋭い稜線(りょうせん)をもつものとを交互に配し、あたかも大波小波が打ち寄せるようすに似るところから名づけられたもので、一木造(いちぼくづくり)の量感に、さらに強烈・峻厳(しゅんげん)な印象を与えている。奈良・法華(ほっけ)寺十一面観音(かんのん)立像、奈良・室生寺(むろうじ)釈迦如来坐像(しゃかにょらいざぞう)などの衣文の線はその典型的なものである。また室生寺金堂諸像のように、小波が大波の間に二つずつ配されているものを漣波式(れんぱしき)衣文とよぶこともあるが、こうした形式の衣文線は翻波式衣文線が発達したものではなく、その発生や過程がまったく別のものだとする説もある。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

翻波式衣文の関連情報