コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貧毛類 ひんもうるいOligochaeta; earthworm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

貧毛類
ひんもうるい
Oligochaeta; earthworm

環形動物門貧毛綱に属する種類の総称で,ミミズの類をいう。体は一般に細長い円筒形で,ほぼ同形の多くの体節から成る。疣足 (いぼあし) はない。体長は 2mmぐらいの小さなものから 2mになるものまである。頭部には触手眼点などの付属器官はない。大部分のものは刺激を受けると背面正中線上の背孔から黄色の体腔液を出す。生殖時期が近づくと体の前方に環帯が現れる。消化管は口から咽頭,食道,嗉嚢砂嚢,腸,肛門へと続く。砂嚢は厚い筋肉質の袋で,飲み込んだ枯れ葉などをすり砕く。血液は腹血管から体の各部に流れて背血管に集められ,前方に送られる。体前部の数対の横走血管は特に太くなり,これを心臓と呼んでいる。血液は血色素を含むので赤いが,赤血球はない。呼吸は一般に皮膚呼吸によるが,エラミミズのように特別な鰓をもつものもある。雌雄同体で,雌性生殖孔は環帯上に,雄性生殖孔はそれより後方に開く。生殖には2匹が交尾をして相手の受精嚢に精子を送り込む。雌性生殖孔から産み出された卵は環帯表面につくられた膜の内側について前方に移動し,受精嚢から出る精子で受精される。その後,膜の前後が収縮して卵を包み,卵包をつくる。一年生のミミズは秋に産卵すると死に,翌春卵包から子虫が孵化する。シマミミズなど多年生のものは,環境がよいと一年中産卵する。ミミズ類は土とともに植物質を飲み込んで分解するが,腸内を通った土は腸の石灰腺の働きでカリウムや硝酸が著しく多くなっている。また,絶えず穴の底の土を上層へ運び上げるので土地を耕していることになり,通気や通水を助けて植物の根の発育を促す。養殖が盛んで,釣餌や養殖魚の餌として,糞は肥料として用いられている。特にイトミミズ,エラミミズはキンギョの餌として使われている。ヨーロッパでは比較的大型のツリミミズ類がよく知られ,実験の材料にされる。日本で大きな種はハッタジュズイミミズで,伸長時の体長は 80cmにもなる。ほかにザリガニの体表に付着しているザリガニミミズ,発光するホタルミミズなど多くの種が知られている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひんもうるい【貧毛類】

環形動物門の一綱。ミミズの類。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貧毛類
ひんもうるい

環形動物門の一綱Oligochaetaを構成する動物群。いわゆるミミズ類で、多毛綱、ヒル綱、ユムシ綱とともに環形動物門に含まれる。貧毛類の語は、多毛類に比べて剛毛が少ないということから名づけられたものであるが、形質の違いは剛毛の多少だけではなく、多毛類では剛毛がいぼ足から生じるのに対し、貧毛類では体壁から生じるという大きな違いがある。貧毛類の起源は不明なことが多いが、化石は古生代オルドビス紀から発見されている。おそらく多毛類のなかの一部に海から陸上生活に移った仲間があり、それらのなかから貧毛類の祖先が生じ、陸生だけでなく、ふたたび淡水・海水に適応したグループが現れてきたものと考えられる。
 現在、世界から知られる貧毛類は約2800種あり、それらは原始貧毛類(原始生殖門目だけ)と真貧毛類(近生殖門目、前生殖門目、後生殖門目の三つの目を含む)に大別される。
(1)原始貧毛類Archioligochaetaには、アブラミミズ科Aeolosomaが含まれるだけである。
(2)真貧毛類Euoligochaetaには次にあげる14の科が含まれる。ミズミミズ科Naididae、オピストシスタ科Opistocystidae(南北アメリカに知られるだけ、日本には分布しない)、イトミミズ科Tubificidae、フレオドリルス科Phreodriloidae(南半球にのみ分布)、ヒメミミズ科Enchytraeidae(土壌線虫に似た乳白色の小形ミミズ、日本でも種類が多い)、オヨギミミズ科Lumbriculidae(イトミミズに似た水生ミミズ)、ヒルミミズ科Branchiobdellidae(ザリガニ類に寄生)、ナガミミズ科Haplotaxidae(地下水生のハラケナガミミズなど)、アリューロイデス科Alluroididae(日本にはいない)、ジュズイミミズ科Moniligastridae(ハッタミミズなど)、ヒモミミズ科Glossoscolecidae(ヒモミミズなど)、ツリミミズ科Lumbricidae(シマミミズなど)、フトミミズ科Megascolecidae、ユードリルス科Eudrilidae(日本には分布しない)。[大野正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の貧毛類の言及

【環形動物】より

… 環形動物は多毛綱,貧毛綱,ヒル綱,吸口虫綱の4綱に分けられるが,これらの綱の間の類似点は比較的少ない。環形動物の系統については多毛類が進化の主流であって,最初にユムシ類(ユムシ動物門)が別な方向に進化し,多毛類の一部のものが退化,または分化が止まって原始環虫類(多毛綱ムカシゴカイ目)となり,そして一部は淡水へ,さらに一部のものが陸上に生活の場を広げていって貧毛類になり,その一部がヒル類に進化したものと考えられる。吸口虫類は多毛類のあるものが棘皮(きよくひ)動物に寄生または共生して変形したものと考えられる。…

【ミミズ(蚯蚓)】より

…貧毛綱Oligochaeta(貧毛類)に含まれる環形動物の総称。眼がないのでメミエズから転じた名といわれる。…

※「貧毛類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

貧毛類の関連キーワードミミズ(蚯蚓)カタツムリ砂嚢・砂囊畑井新喜司嗉嚢・嗉囊有鬚動物貯精嚢腎虫標本

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android