コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貸(し)衣装 カシイショウ

デジタル大辞泉の解説

かし‐いしょう〔‐イシヤウ〕【貸(し)衣装】

使用料を取って貸す洋服和服婚礼などの儀式用の他、パーティー・舞台用などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かしいしょう【貸衣装】

料金をとって貸し出す和,洋服のことで,これを業とするものを貸衣装屋という。婚礼用衣装をはじめ慶弔用各種礼服,七五三の祝着その他がある。歴史的には江戸時代にまでさかのぼるが,当時は損料屋(そんりようや)といい,借りた衣装を損料物といった。衣服だけでなく調度,布団,装身具なども貸し出した。後には古着屋の副業ともなった。貧しい下層町人は古着に依存し,祭りには貸浴衣を利用した。貸衣装屋として独立するのは明治末になってからで,官界に洋服が普及し,下級官員も,洋礼装のモーニングコートやフロックコート着用の必要に迫られたのが契機であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

貸(し)衣装の関連キーワードベネチアのカーニバルクラウディア村上祐樹加藤未奈使用料商行為紋付祐月

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android