コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賀茂氏 かもうじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賀茂氏
かもうじ

「鴨氏」とも書く。古代の氏族名。賀茂氏を称する氏は多く,おもなものに賀茂県主と三輪氏族の賀茂君がある。 (1) 賀茂県主は山城国の神別の出身で山城国愛宕郡に拠り,上下賀茂社の神官として栄えた。 (2) 賀茂君は大和国神別天孫の出身。大和国葛上郡鴨の地に発し,大族で陰陽道の賀茂氏の祖となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賀茂氏
かもうじ

古代の氏族。鴨、加茂とも称し、同姓の氏族が各地に分布するが、山城(やましろ)国(京都府)葛野(かどの)、大和(やまと)国(奈良県)葛城(かずらき)を本拠とする2氏が有名である。記紀などの古伝承によれば、前者は神武(じんむ)東遷伝説にみえる八咫烏(やたがらす)を祖とする葛野主殿県主(とのもりあがたぬし)であり、本来は薪炭・水を朝廷に供することを任務とした。律令(りつりょう)体制下では主殿寮主水司(もいとりのつかさ)に属した。また『山城国風土記(ふどき)』逸文により賀茂神社(京都市)との深い関係が考えられる。後者は大国主命(おおくにぬしのみこと)の子孫大田田根子(おおたたねこ)の後裔(こうえい)大賀茂都美(つみ)を祖とし、三輪(みわ)氏と同族とされている。『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』逸文によれば、賀茂神社(奈良県御所(ごせ)市)を奉斎し、賀茂と称したとある。姓(かばね)は君(きみ)で684年(天武天皇13)に朝臣(あそん)となる。葛野・葛城の両賀茂氏の関係についてはさだかではない。[関 和彦]
『井上光貞著『日本古代国家の研究』(1965・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の賀茂氏の言及

【賀茂伝説】より

…賀茂県主氏は賀茂川流域の葛野(かどの)を本拠とする豪族で,農事に関する水の神(雷神)を祭る巫女と政治をつかさどる男君とで支配していたが,その巫女を神の妻として,神の子を産むほどまでに霊力ある女として語り伝えるところにタマヨリヒメ母子に対する信仰が生まれた。こうした信仰は古代の氏族伝承に広くみられるもので,賀茂氏もみずからの出自と祖神にまつわる伝承を神と巫女との奇跡として語り伝えたのである。賀茂伝説には律令制以前の地方豪族・県主の下における祭政と信仰の原初的な形態をうかがうことができる。…

【菊万荘】より

…1184年(元暦1)源頼朝が武士らの濫妨停止を命じた賀茂社領42ヵ所中に荘名が見える。これより先,神主保久の娘で鳥羽院に仕えた上総が,院により別納として当荘預所職をあてがわれ,以来13世紀末ごろまでは,上総同様に院に出仕した賀茂氏出身の女性がほぼこれを継承した(座田文書)。1440年(永享12)神主富久は,公用銭20貫文上納の条件で,当荘所務職を伊予守護河野氏の一族得居宮内大輔通敦に預けており,そのころ以後,ほぼ当荘は得居氏の請所(うけしよ)として推移した(馬場義一所蔵文書)。…

【暦道】より

…日本には暦を作る技術はなく,5世紀ごろより朝鮮半島を通じ,後には直接中国の暦法を輸入したが,861年(貞観3)宣明暦を採用してより,1685年(貞享2)日本独自の貞享暦採用まで800年以上も改暦されなかった。律令官制では,中務省所属の陰陽寮(おんみようりよう)に暦博士1人を置いて暦生10人への教授と造暦を行わせたが,10世紀末の暦博士・天文博士賀茂保憲が天文道を弟子の安倍晴明に,暦道を子の光栄に伝えてより,16世紀中ごろに賀茂氏が断絶するまで暦道は同氏の家職となった。暦博士は毎年11月1日に翌年の具注暦(ぐちゆうれき)を天皇に献じ(御暦(ごりやく)の奏),官庁にも頒下した。…

※「賀茂氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

賀茂氏の関連キーワード賀茂御祖神社境内賀茂別雷神社境内賀茂建角身命賀茂別雷神社大田田根子京都(市)松平康重二条為藤慶滋保胤徳川氏暦博士大経師上賀茂玉依姫逸文暦道下鴨

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賀茂氏の関連情報