コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神別 しんべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神別
しんべつ

新撰姓氏録』に用いられた,古代の氏族の分類の一つ。「記紀」などの神話に登場する天神地祇の子孫と称する族。 (むらじのかばね) を賜わった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しん‐べつ【神別】

古代、氏族を類別した呼称の一。神代の神々の後裔(こうえい)と伝えられる諸氏。藤原氏など。→皇別諸蕃(しょばん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんべつ【神別】

「新撰姓氏録」による氏族の分類の一。天神地祇ちぎの子孫とされる氏族。藤原氏・弓削ゆげ氏など。 → 皇別諸蕃

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神別
しんべつ

皇別、諸蕃(しょばん)と並んで『新撰姓氏録(しんせんしょうじろく)』において氏族の出自を表す類別「三体」の一つ。神別は、天神、天孫、地祇(ちぎ)に分けられた神々の子孫と伝えられている氏族をいう。『日本書紀私記』の「弘仁(こうにん)私記序」には『神別記』という書名があげられているので、神別という氏族の出自を表す類別のための語の使用は、奈良末期にさかのぼるものと考えられる。[佐伯有清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

神別の関連キーワードタカミムスビノカミ(高御産巣日神)八色の姓(やくさのかばね)可美葦牙彦舅尊芥川 比呂志天之御中主神県犬養氏黒部弘康鏡花夢幻天常立尊尊卑分脈天守物語佐伯有清反正天皇大伴室屋邦城龍明斎部浜成藤原氏しょば渡来人大伴氏

神別の関連情報