コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資源ナショナリズム(ロシアの) しげんなしょなりずむ/ろしあのしげんなしょなりずむ

知恵蔵の解説

資源ナショナリズム(ロシアの)

ロシアは、戦略的に重要な資源を国家が管理することによって、国力を強化しようとしている。資源大国としての自信を背景に、欧米とは異なる独自の道を歩み始めた。その結果、欧米諸国との間で「冷たい平和」と言われる関係も生まれている。ソ連邦崩壊後1990年代は、経済の破綻により発展途上国並みの経済状況に陥り、かつての超大国としての誇りは深く傷ついた。この頃ロシアは、民主主義と市場経済という欧米と同じ制度や価値観を共有する国になることを目指し、西側諸国もそのようなロシアの姿勢を支持し、民主化と市場化を支援する姿勢を示した。しかし、その後石油や天然ガスの国際価格高騰による経済の好転によってロシアは再び大国としての自信を強め、欧米に対抗するナショナリズムの雰囲気が強まっている。また、成長する経済力を背景に対外的な強硬姿勢も強まり、ウクライナやグルジア、モルドバなど親欧米路線をとるCIS諸国に対する圧力を強めている。この資源力を背景に、ロシアが議長を務めた06年7月のG8サミットでは、エネルギー安全保障を中心テーマに据え、大国としてのロシアの力を誇示しようとした。ただ、腐敗や汚職はより深刻となり、ユコス事件など民主主義に反する権威主義、強権主義の傾向も強まっている。06年5月、チェイニー米副大統領は訪問したリトアニアで、ロシアでは民主化が後退し、「エネルギー供給を近隣諸国への脅迫の材料に使っている」と批判した。

(袴田茂樹 青山学院大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

資源ナショナリズム(ロシアの)の関連キーワードペレス(Carlos Andrés Pérez (Rodriguez))バイバック・オーストラリア政策ラテンアメリカ経済機構国家の経済権利義務憲章経済ナショナリズム資源ナショナリズム国連資源特別総会エクソンモービル生産国カルテルサウジアラムコ石油輸出国機構非鉄金属工業国際石油資本資源カルテル資源恒久主権1次産品問題開発途上国西アジア史希土類元素第三の選択

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android