賤機焼(読み)シズハタヤキ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

賤機焼[陶磁]
しずはたやき

東海地方、静岡県地域ブランド
静岡市で製作されている。江戸時代初期頃、徳川家康から賤機焼の名称を与えられたことが起源といわれる。皿・湯呑みなど日用的な器が多くつくられた。一時廃絶したが明治時代中期に再興され、現在では南蛮手や釉裏紅辰砂といった銅を還元で焼いて紅色を出す技法が用いられている。静岡県郷土工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android