コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賤機焼 シズハタヤキ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

賤機焼[陶磁]
しずはたやき

東海地方、静岡県地域ブランド
静岡市で製作されている。江戸時代初期頃、徳川家康から賤機焼の名称を与えられたことが起源といわれる。皿・湯呑みなど日用的な器が多くつくられた。一時廃絶したが明治時代中期に再興され、現在では南蛮手や釉裏紅辰砂といった銅を還元で焼いて紅色を出す技法が用いられている。静岡県郷土工芸品。

出典|日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について | 情報

賤機焼の関連キーワード東海地方静岡市コーチ交趾

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android