コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質侶牧 しどろのまき

2件 の用語解説(質侶牧の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

質侶牧【しどろのまき】

遠江国にあった古代末期。現在の静岡県金谷(かなや)町(現・島田市)および島田市の大井川以南の地域に比定される。平安中期頃に公家の大江公資(きんすけ)の私領となっていたが,長暦年間(1037年−1040年)に民部(みんぶ)卿藤原長家(ながいえ)が本家職(ほんけしき)を取得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しどろのまき【質侶牧】

遠江国蓁原(はいばら)郡(現,静岡県榛原郡金谷町)の牧。同牧ははじめ大江公資の私領で,嫡子広経,外孫藤原永実,その子永範と伝領された。初期の本家は民部卿長家であったが,1128年(大治3)永範の寄進により待賢門院璋子の御願寺円勝寺領となり,立券にあたって牧の四至内検注がおこなわれた。このとき作成の検注目録によると,田209町,畠126町,原210町,山547町,野291町,河原360町,在家218宇。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

質侶牧の関連キーワード白須賀日坂榛原遠江牧之原フォーレなかかわね茶茗舘大沢権右衛門河守宗兵衛星野鉄太郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone