コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質侶牧 しどろのまき

2件 の用語解説(質侶牧の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

質侶牧【しどろのまき】

遠江国にあった古代末期。現在の静岡県金谷(かなや)町(現・島田市)および島田市の大井川以南の地域に比定される。平安中期頃に公家の大江公資(きんすけ)の私領となっていたが,長暦年間(1037年−1040年)に民部(みんぶ)卿藤原長家(ながいえ)が本家職(ほんけしき)を取得した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しどろのまき【質侶牧】

遠江国蓁原(はいばら)郡(現,静岡県榛原郡金谷町)の牧。同牧ははじめ大江公資の私領で,嫡子広経,外孫藤原永実,その子永範と伝領された。初期の本家は民部卿長家であったが,1128年(大治3)永範の寄進により待賢門院璋子の御願寺円勝寺領となり,立券にあたって牧の四至内検注がおこなわれた。このとき作成の検注目録によると,田209町,畠126町,原210町,山547町,野291町,河原360町,在家218宇。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone