コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検注帳 ケンチュウチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

けんちゅうちょう【検注帳】

古代,中世において,領有者が所領を対象として行った検注の結果は,1通の文書に書いて,領有者のもとに送られる。これを一般に検注帳と呼んでいる。古代ではしばしば検田帳と呼び,中世では検注帳と称することが多い。検注取帳,正検取帳実検取帳,検注馬上帳などの名称もある。領有地の支配,租税徴収のための基礎台帳であることに変りない。 形式は必ずしも一定しないが,耕地の1筆ごとの所在地所定の租税量,名請人の名前などを注記している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けんちゅうちょう【検注帳】

検注の結果を記録して領主に提出する帳簿。検注目録。検田帳。丸帳。名寄帳。馬上帳。取帳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検注帳
けんちゅうちょう

中世において、領主階級が行った検注(土地調査)の結果を示す台帳。一筆ごとの耕地について面積、所在地、保有者名を記した「検注取帳(とりちょう)」と、それを集計して惣田(そうでん)数、除田(じょでん)数(税が免除される田畠数)、定田(じょうでん)数(税負担の田畠数)、税額を記す「検注目録(もくろく)」との2種類がある。年々の税収納の台帳となるのは目録であるが、取帳は次の検注の台帳となる。両者相まって、領主支配の台帳の役割を果たす。[山本隆志]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

検注帳の関連キーワード太田犬丸名荘園領主名寄帳垂水荘榎坂郷久我荘給田定田図師川成荒田

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android