コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検注帳 ケンチュウチョウ

4件 の用語解説(検注帳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けんちゅう‐ちょう〔‐チヤウ〕【検注帳】

検注の結果を記した帳簿。荘園領主が年貢徴収の基礎とした土地台帳。馬上帳。実検帳。取帳。丸帳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

けんちゅうちょう【検注帳】

古代,中世において,領有者が所領を対象として行った検注の結果は,1通の文書に書いて,領有者のもとに送られる。これを一般に検注帳と呼んでいる。古代ではしばしば検田帳と呼び,中世では検注帳と称することが多い。検注取帳正検取帳実検取帳,検注馬上帳などの名称もある。領有地の支配,租税徴収のための基礎台帳であることに変りない。 形式は必ずしも一定しないが,耕地の1筆ごとの所在地,所定の租税量,名請人の名前などを注記している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

けんちゅうちょう【検注帳】

検注の結果を記録して領主に提出する帳簿。検注目録。検田帳。丸帳。名寄帳。馬上帳。取帳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

検注帳
けんちゅうちょう

中世において、領主階級が行った検注(土地調査)の結果を示す台帳。一筆ごとの耕地について面積、所在地、保有者名を記した「検注取帳(とりちょう)」と、それを集計して惣田(そうでん)数、除田(じょでん)数(税が免除される田畠数)、定田(じょうでん)数(税負担の田畠数)、税額を記す「検注目録(もくろく)」との2種類がある。年々の税収納の台帳となるのは目録であるが、取帳は次の検注の台帳となる。両者相まって、領主支配の台帳の役割を果たす。[山本隆志]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

検注帳の関連キーワードサポート検注公衆栄養電子論南部メディケア法制史夏成りAMS(助成合計量)寺院法

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone