コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤犬子∥阿嘉犬子 あかいんこ

世界大百科事典 第2版の解説

あかいんこ【赤犬子∥阿嘉犬子】

沖縄県読谷(よみたん)村を中心に伝承される文化英雄。赤犬子の名は,その母が赤犬を寵愛していたゆえとされるが,一説には阿嘉(あか)(小字名)の出身であるので阿嘉いん子と称されたとする。赤犬子伝説には,読谷村楚辺(そべ)の貴重な井泉であった暗井(くらがー)の発見を赤犬子の母が寵愛する赤犬の功績として語る部分がある。そこには,井泉の発見という重大事を赤犬子につなげようとする心意があるが,沖縄・東南アジア一帯に伝承される人犬通婚譚,動物の井泉発見譚が語られており興味深い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android