コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤縄 セキジョウ

2件 の用語解説(赤縄の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せき‐じょう【赤縄】

《昔、韋固(いこ)という青年が異人に会い、袋の中に入っている赤縄で男女の足をつなぐと、どんな間柄でも離れられない仲になるといわれたという唐の「続玄怪録」にみえる故事から》夫婦の縁を結ぶという赤い縄。転じて、夫婦の縁。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきじょう【赤縄】

〔韋固いごという青年が一老人から赤い縄を渡され、その縄で男女の足を結べばどんな間柄でも夫婦となることができると予言した中国唐の「続幽怪録」の故事から〕
夫婦の縁を結ぶという赤い縄。縁つなぎの縄。転じて、夫婦の縁。 「 -の契り」 「 -を結ぶ」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone